MENU

浮気・不倫の慰謝料の相場を知りたい!いくら請求できるの?

慰謝料相談ドットコム > 慰謝料請求お悩み相談室 > 慰謝料請求の相場 > 浮気・不倫の慰謝料の相場を知りたい!いくら請求できるの?

浮気・不倫の慰謝料の相場について

浮気・不倫が発覚し、離婚をしたい……でも、慰謝料もしっかりと獲得したい。
そこで気になるのが慰謝料の相場ですよね。
その相場を知って、請求する金額を決めるのが妥当でしょう。
ここでは、浮気・不倫で夫婦関係が破綻した(別居や離婚など)場合の慰謝料の相場について紹介します。
ぜひ参考にしてください。

夫婦関係を継続する場合の慰謝料の相場

慰謝料は精神的苦痛による対価で支払われるものです。
もちろん夫や浮気相手へ慰謝料を請求することは法律でも認められていますし、なんら問題はありません。
夫婦関係を継続する場合、相場は50万円から100万円となります。
ただし明確な基準がないので、あくまで目安として考えてください。
夫に請求するのはかまいませんが、夫婦関係を継続するということは、家庭内でお金が動いただけの話になります。
よって、あまり得策とは言えません。
慰謝料請求をするのであれば、浮気相手に行いましょう。
といいつつも……夫婦関係が継続するということはダメージも少ないわけですから、離婚する場合よりは貰える金額が少なくなります。

浮気が原因で別居に至った場合の慰謝料の相場

少なくとも浮気が原因で夫婦関係が壊れてしまったわけですから、慰謝料は夫婦関係を継続する場合よりも高額になるケースが多いです。
浮気が原因で別居になった場合、相場は100万円から200万円になります。
ちろん、こちらもまだ離婚はしていないので、浮気相手に請求するのは問題ありませんが、夫へ請求するのはオススメできません。
両方に請求する手もありますが、どちらか一方が成立した場合、精神的苦痛の対価は支払われたと判断されるので、双方に慰謝料を請求すること自体が無駄な動きです。
別居をするのであれば、浮気相手に請求するようにしましょう。
怒りたい気持ちはわかりますが、冷静に行動することで幸せな未来が待っています。
落ち着いてクールに行動しましょう。

浮気が原因で離婚に至った場合の慰謝料の相場

浮気が原因で離婚した場合、相場は200万円から300万円になります。
やはり、人生を狂わせたわけですから、これほど高額になるのは仕方のないことです。
裁判になれば弁護士なども用意しなければなりませんし、精神的にも疲弊してしまいます。
できるならば話し合いのみで解決するようにしましょう。
ただし、当事者同士での取り決めは、法律の効力を持たないやり方(口約束など)になりがちなので、公正証書に残しておくなどして対処してください。
失敗のない慰謝料請求ができることを願っています。

慰謝料の金額が増減される事象について

慰謝料の金額の増減

慰謝料の金額は、浮気をしたから別居した、離婚した……というだけで決まっているわけではありません。
様々な事情が重なって変わってきます。下でまとめていますので、ご覧ください。

理由によって慰謝料の金額は変わる

・婚姻期間
婚姻期間が長ければ長いほど慰謝料は高額になるケースがあります。
これは、被害者が離婚後の再スタートがしにくかったり、精神的苦痛による配慮のためです。

・浮気の否認
浮気が明らかになったのにもかかわらず、自分はやっていないと否定し続けるのはよくありません。
被害者の怒りを逆撫でしているようなものです。こちらも高額になる可能性があります。

・浮気相手が妊娠や出産をした
浮気相手が配偶者の子どもを妊娠した……被害者にとって非常にショックなできごとです。
子どもが絡んでくると慰謝料の金額は高額になります。

・夫と浮気相手の年齢
年齢差が大きければ大きいほど浮気の主導性に影響が出ます、増額する可能性が高まります。

・約束をやぶる
以前にも浮気をして、その時に二度と浮気をしないと約束したのに、再び浮気をした場合、悪質な行動ですので増額になるケースがあります。

・精神的苦痛
精神的な病気になり、医師による診断書があると、慰謝料が増額になる場合があります。

・夫婦間の子ども
夫婦間に子どもがいる場合、精神的な苦痛、婚姻関係の破綻にもなりますので、増額になるケースがあります。

・社会的地位が高い
浮気をした配偶者が、社長業などをやるなど、収入や資産が多ければ多いほど高額になるケースがあります。

・浮気相手の認識
結婚していたことを知っているのにもかかわらず、浮気をするのは悪質です。
増額になるケースがあります。

・浮気の期間や回数
何度も会って何度も浮気をした……という場合は、高額になりやすいです。

・こちら側の落ち度
夫が浮気するようになったのは、専業主婦なのに家事をしない、仕事にお金を入れない、性交渉に応じないなど、多少なりとも被害者側に落ち度があった場合は、減額される可能性があります。

・浮気相手の反省
浮気相手が、不倫発覚で会社をやめたり、相当反省している場合などは、慰謝料が減額になる可能性があります。

事情で変わる慰謝料の金額

慰謝料の金額はそれぞれの事象によって増減します。
よって、相場はあってないようなものなので、あくまで目安として考えてください。
相手が浮気をしているかもしれないと察知したのなら、しっかりと下準備を進めておきましょう。

  • よくある質問
  • お客様の声
  • 料金プラン
  • 当社の選ばれる理由

慰謝料請求事例ブログ

慰謝料請求お悩み相談コラム

お問い合わせの流れ

お気軽にお問い合わせ下さい
メール問い合わせはこちら
© 2017 慰謝料相談ドットコム All Rights Reserved.