MENU

どれほどの期間浮気したら、慰謝料請求されるのか

慰謝料相談ドットコム > 慰謝料請求お悩み相談室 > 慰謝料請求の重要情報 > どれほどの期間浮気したら、慰謝料請求されるのか

どれほどの期間浮気したら、慰謝料請求されるのか

浮気、いわゆる不貞行為による慰謝料請求問題は、非常に多く寄せられる相談テーマです。浮気によって被った精神的苦痛の度合いによって、慰謝料は変動するともいわれています。たった一回の浮気でも、人によっては離婚問題に発展する場合もあります。

不貞行為とは、どのような行為を指しているのか?

不貞行為とは、婚姻によって発生した、配偶者としての貞操義務を果たさなかったことを意味します。不貞行為であるとみなされる事柄に、肉体関係を持つことが挙げられます。

不貞行為と不倫や浮気は混同されがちですが、厳密にはそれぞれ内容が異なります。不貞行為は前述にあるとおり、配偶者がいながらにして、配偶者以外の人物と自由意志の元に肉体関係を持つことです。

不倫は、個人の概念によって異なります。キスをしただけでも、手をつなぐなどのスキンシップを行うだけでも不倫とされたりするようです。浮気は、交際している男女が、その相手以外の人物と何らかの関係を持つこととされています。

不貞行為や不倫は、配偶者がある人物に該当する名称となり、浮気は配偶者がない人物に該当するものと考えてもよいでしょう。
「不貞行為とは|用語集」でも詳しく解説しています。ぜひご覧ください。
不貞行為とは|用語集

不貞行為を決定づける証拠とは?

不貞行為の証拠をご自身だけで集めることは、困難でしょう。この場合、よく利用されるのが探偵社です。

探偵社を利用する際に気をつけておきたいのは、収集された証拠が、すべて合法的に取得されたものであることが証明できるかどうかです。利用する際は、どのように調査を行うのかを詳しく説明してくれる会社を選ぶことが重要です。

では、具体的にどのようなものが証拠として有効なのかを説明いたします。
・録音テープ スマートフォンアプリ等ではなく、アナログテープによる録音が有効とされています。また、盗聴録音はプライバシーの侵害にあたるため、有効な証拠として認められません。
・写真やビデオ映像 録音テープ同様、フィルムによる撮影が有効です。
・E-mailやLINEの履歴 直接の証拠となりうる確率は低いですが、裁判や調停において本人が不貞行為を認めた場合は証拠となります。

ドラマや映画などで、スーツのポケットから名刺というシーンを見かけますが、これは証拠とはなりえません。ただし、仕事とは無関係な外泊の領収書や、身の回りで確認が取れていない高額な商品の領収書などは証拠となる可能性がありますので、保管されることをお勧めします。

不貞行為の期間によって、慰謝料の金額は変動するのか?

浮気によって慰謝料が発生する時期は、浮気が配偶者に知られた瞬間からといってもよいでしょう。

相手の不貞行為が認められた場合、離婚を訴えることができます。過去の裁判結果を参考にすると、不貞行為を継続していた期間が長く、回数も多い場合、金額が高くなるように思われます。

例え期間が短くても、2度3度と繰り返されたときの精神的苦痛は相当なものだと思います。しかしながら不貞行為が発覚しても、配偶者がそれを赦し、結婚生活を継続させるとなった場合は、慰謝料を支払わなくてもよいことになったりします。

慰謝料請求が認められないケースとは?

配偶者の不貞行為による慰謝料請求が認められないケースというのも、少なからずあります。

婚姻関係にあった期間が長くても、離婚を前提に別居をしている、夫婦としての義務を果たしていない等で関係が破たんしていると、請求は認められなくなります。また、自己破産をしている場合は、支払義務が免責となります。まれに非免責債権によって支払いが可能となる場合もありますので、行政書士や弁護士に相談されるのが良いでしょう。

不貞行為に及んだ期間や回数で金額が変わります

肉体関係を持たず、交流していたというだけでは、慰謝料を請求される可能性は低いと思われます。しかしながら、肉体関係がなくとも、二人の関係が配偶者に対して精神的苦痛を与えるものであると判断された場合は、期間は関係なく慰謝料を支払う義務が発生する可能性があると考えてもよいでしょう。
「浮気の証拠になるものは?状況証拠しかなくても慰謝料請求できる事例」の記事では、実際のケースを紹介しています。ぜひこちらもご覧ください。
浮気の証拠になるものは?状況証拠しかなくても慰謝料請求できる事例

  • よくある質問
  • お客様の声
  • 料金プラン
  • 当社の選ばれる理由

慰謝料請求事例ブログ

慰謝料請求お悩み相談コラム

お問い合わせの流れ

お気軽にお問い合わせ下さい
メール問い合わせはこちら
© 2017 慰謝料相談ドットコム All Rights Reserved.