MENU

不倫相手に慰謝料を請求し、不倫関係を解消させた事例を紹介します。

慰謝料相談ドットコム > 慰謝料請求事例ブログ > 不倫相手に慰謝料を請求し、不倫関係を解消させた事例を紹介します。

妻の不倫相手に慰謝料を請求し、関係を清算させた事例

夫婦の一方による不倫は倫理上大きな問題です。 かつては、不倫に手を染めるのは夫、という図式が成り立っていました。 でも、今では妻による不倫も増加傾向にあるようです。 妻による不倫は、離婚の決定打となる場合が多い中、不倫相手への慰謝料請求と引き換えに、結婚生活の継続と夫婦関係の修復を選んだ事例を紹介します。

ケース①妻の不倫相手は直属の部下だった

相談者:40代男性
配偶者:妻、子供なし

内容:
管理職の妻は、最近、終電を逃しタクシーで帰宅することが多くなりました。
ある夜、相談者が終電を逃した妻をたまたま玄関先で待っていたところ、タクシーに同乗していた若い男性とキスしている妻を目撃しました。この時、相談者は妻が不倫していたことを初めて知りました。

解決:
相談者は、怒りを抑えながら妻と話し合いました。
そこで、相手が部下であり、つい魔が差して以来ズルズル付き合うようになったことや、相談者との離婚は考えたことがないことを話しました。
数日間考えた相談者は、不倫相手に慰謝料を請求して関係を終わらせることを決断し、弁護士に交渉を依頼しました。
弁護士が不倫相手に直接会って、いっさい口外しないのを条件に、妻と別れ慰謝料を支払うよう要求しました。受け入れないと、訴訟問題に発展し、その後の昇進にも響く可能性があると弁護士が諭して、要求通り決着することになりました。

ケース②夫の不在にかこつけて、妻が不貞行為に及んでいた

相談者:30代男性
配偶者:妻、子供2人

内容:
相談者は海外出張で家をあけることが多く、妻は小さな子供2人と夫の留守宅を守っていました。
夫が海外出張から1日早く帰宅すると、深夜にも関わらず妻は外出していました。戻った妻がよそよそしく、いつもより念入りにおしゃれをしていたのを不審に思い追及すると、泣きながらホストクラブ通いとホストとの不倫関係を告白しました。
解決:
相談者が不在がちな中でのワンオペ育児で、心細く淋しかったという妻の話を信じて、今後は不在時も頻繁に連絡を入れたりして妻を支えることを決意。
妻と不倫関係にあったホストに対しては、慰謝料を請求することを決断しました。
相談者は、ホストに対する慰謝料請求のために、内容証明郵便の作成を行政書士に依頼しました。
その結果、ホストは妻と別れ、慰謝料請求に応じてくれました。

ケース③夫と妻、不倫相手の三角関係に

相談者:30代男性
配偶者:妻、子供1人

内容:
ゼミの同級生だった相談者と妻が、ゼミ仲間の結婚式に出席して以来、妻がやけに陽気になり、どこか変だと感じるようになりました。
ある日、妻のスマホに着信があり、見ると妻の元彼だったゼミ仲間からの電話でした。相談者が折り返し電話をすると、戸惑った相手の様子から不倫を確信。問い詰めると、相手はあっさり不倫の事実を認めました。激怒した相談者は妻と別れるよう要求し、妻にもそう告げました。
ところが、その後も不倫相手は妻に言い寄り、やがて相談者に別れてくれるよう言うまでに。相談者は3人で話し合う必要性を感じました。

解決:
相談者は弁護士に話し合いへの同席を依頼しました。
そこで、妻は相談者と別れるつもりはなく、不倫相手と関係をもったのは懐かしさからだったと明言しました。
そこで、弁護士が不倫相手に妻を諦めるよう説得し、不倫相手も妻の真意を受け止めて、慰謝料を支払い関係を清算することを受け入れました。

妻の不倫を受け止めて、再出発するには

妻の不倫は夫の不倫同様に不法行為です。
でも、妻に反省の気持ちや結婚生活をやり直したいという強い意思を確認できれば、その気持ちを受け入れる器の大きさがあってもいいですよね。

そもそも、危険を冒してまで妻が不倫に走るのには理由があります。
淋しかった、夫に対して足らないものを感じていた、変わり映えのしない日常から抜け出したかったなど、原因を探ることから始めましょう。
原因次第では、夫婦の努力や夫の気遣いによって、妻の気持ちが結婚当初のように戻ることだってあるはずです。

関係修復に動きだした夫婦には、不倫相手への慰謝料請求は大きな意味があります。
不倫関係を清算し、夫婦そして不倫相手の気持ちの切り替えに大いに役立つことになりますよ。

不倫清算の仕上げである慰謝料請求の方法は?

妻の不倫相手への慰謝料請求は次のような方法があります。
・夫だけ、または夫婦が直接会って話し合い
・夫、または代理人である弁護士が電話で交渉
・代理人の弁護士が直接会って、または電話で交渉
・行政書士作成の内容証明郵便を送る

直接会って、または電話で交渉する場合、夫が話すと感情的になって、恐喝に受け取られるリスクもあるので慎重に。

内容証明郵便には強制力はありませんが、証拠能力があり、相手に威圧感を与える効果もあります。
弁護士費用を節約したかったり、直接相手と話したくない場合に便利なので覚えておくといいですよ。

  • よくある質問
  • お客様の声
  • 料金プラン
  • 当社の選ばれる理由

慰謝料請求事例ブログ

慰謝料請求お悩み相談コラム

お問い合わせの流れ

お気軽にお問い合わせ下さい
メール問い合わせはこちら
© 2017 慰謝料相談ドットコム All Rights Reserved.