MENU

妻の浮気相手から慰謝料を獲得。離婚せずに解決した事例を紹介

慰謝料相談ドットコム > 慰謝料請求事例ブログ > 妻の浮気相手から慰謝料を獲得。離婚せずに解決した事例を紹介

妻の不貞行為が発覚。離婚せず相手の男に慰謝料を請求した事例

配偶者の不貞行為が発覚したら、配偶者と浮気相手の両方に慰謝料を請求することができます。離婚しない場合は、配偶者から慰謝料を得ても家庭内のお金が動くだけで意味がありませんから、浮気相手にだけ請求するのが一般的です。ここでは、浮気相手から慰謝料を獲得した事例を紹介します。

浮気の責任は誰に?慰謝料は誰が負担するのか

慰謝料を請求するにあたり、離婚する場合としない場合では請求相手が異なります。
離婚しないのであれば、浮気相手にだけ請求することになります。
妻から慰謝料をとったとしても、夫婦で家計が一つと考えるとお金を動かすことに意味はないからです。
しかし、不貞行為は「共同不法行為」と言って、配偶者とその相手の二人に責任のある行為です。賠償責任も、当然二人で負わなければなりません。
自分だけ全額負担させられ不倫相手は何のおとがめもなしでは浮気相手も納得できませんね。
そこで、浮気相手は支払うべき慰謝料のうち、不倫相手であった妻にその負担分を後から請求することができます。この権利を「求償権」と言います。

仮に精神的苦痛に対する慰謝料が200万円だった場合、浮気相手から200万円を獲得しても、後から100万円請求されたら、家庭に入るお金は結局100万円になってしまいます。
しかしこれに対抗する措置はあります。

求償権によって慰謝料を減らされないための措置

求償権を行使できるのは、浮気相手が共同不法行為を行った他方の加害者のぶんまで慰謝料の支払いを肩代わりしているという場合のみです。
過分に支払ったぶんを取り戻すというのが求償権ですから、受け取った慰謝料は浮気相手の負担分のみであると言ってしまえばよいわけです。

浮気相手から200万円の慰謝料を受け取った後で、100万円を請求されたら、
「本来、慰謝料は400万円である。あなたは責任の半分である200万円を支払ったにすぎない」と反論します。
妻の口座から200万円のお金の受け取った痕跡を残して、「この通り、妻からも200万円の慰謝料を受け取っている」と主張することが可能です。
このお金の動きの本来の意味が、単なる口座の移動か贈与かは、第三者には証明することはできないでしょう。
求償権を行使されないように、念のため慰謝料を受け取る際にこのような手を講じておくと良いでしょう。

ケース1 上司と関係を持っていた妻。信じて再構築を選んだ夫

相談者:30代男性
配偶者:30代女性

内容:
妻の帰宅時間が遅くなり、残業という言葉を信じていたが、会社で徹夜になったなどと言い帰宅しない日が出てきた。まさかと思い携帯を調べると、上司との浮気が確定になるLINEのやりとりが。
迫ったのは自分ではないし上司なので断れなかったと妻は言い、反省を見せている。

解決:
離婚せずに上司にだけ慰謝料を請求することになりました。妻の言葉を頭から信じるなら、上司のパワハラ、セクハラという路線で訴えることも可能ですが、妻は「職場に残りたい、上司との関係を露呈したくない」とのこと。最初は不信感を募らせていた相談者様ですが、上司から関係を清算すること、妻の配属を変えるとの申し出があってようやく合意しました。慰謝料は50万円で決着しました。現在、再構築をしています。

ケース2 出会い系サイトで会った男性と浮気していた妻

相談者:20代男性
配偶者:20代女性

内容:
夜勤の予定がなくなって夕方に帰宅したところ、家にいるはずの妻はおらず、0時を過ぎてようやく帰宅。怪しいと睨んだ相談者様は玄関の外にカメラを設置。妻の外出時間をチェックしました。すると、週に一回程度のペースで夜出かけており、出かけるといつも0時過ぎの帰宅であることがわかりました。
妻を問い詰めると、出会い系サイトで出会った男性と遊んでいたと告白。交際は半年以上で、不貞行為も繰り返されていました。

解決:
相談者様は呆れて離婚を告げましたが、妻から思わぬ反論が。相談者が浮気しているから腹いせでやったと言うのです。実は、相談者様が浮気をしたのは事実で、一年前に不貞行為を数回していました。交際という交際にも至らず関係を清算していたので、まさか妻が気づいており、ずっと浮気を続けていると思い込んでいたとは知らなかったようです。話し合って修復を選びましたが、既婚者であることを知りながら繰り返し関係をもった浮気相手は許せないということで、浮気相手に50万円の慰謝料を請求。証拠が山ほどあったので反論もされず勝ち取ることができました。

反省している配偶者なら、証拠も揃えやすい

不貞行為によって慰謝料を請求するなら、証拠が何より大事です。浮気した妻が離婚して浮気相手と一緒になりたがっているなら、自分で証拠を集めなければなりません。浮気がバレた後は証拠を隠されてしまいますから、自分で集めるのは至難の業です。反省して修復を望んでいるのなら、妻に協力させて証拠を集めることができますから、作業はよほど楽でしょう。言い逃れできない証拠をまず一つ押さえ、徹底的に反省させるようにしましょう。

  • よくある質問
  • お客様の声
  • 料金プラン
  • 当社の選ばれる理由

慰謝料請求事例ブログ

慰謝料請求お悩み相談コラム

お問い合わせの流れ

お気軽にお問い合わせ下さい
メール問い合わせはこちら
© 2017 慰謝料相談ドットコム All Rights Reserved.