MENU

不倫を繰り返す妻からは、離婚して高額慰謝料をとれる

慰謝料相談ドットコム > 慰謝料請求事例ブログ > 不倫を繰り返す妻からは、離婚して高額慰謝料をとれる

繰り返す不貞行為は悪質!妻から高額慰謝料をとれた事例

妻の不貞行為が発覚して不倫関係を清算させたのに、また妻が同じ相手と浮気をしていたという場合、一度目に満額受け取っていても、もう一度慰謝料を請求することができます。二度目はより悪質ですので、一度目よりも高額の慰謝料を請求してもかまいません。

同じ人と浮気を繰り返す人への対処法

どんなに反省の意を示し、浮気相手と別れると約束したとしても、また同じ人と浮気をしている。残念ながらよくあるご相談です。
一回目は簡単にバレたのがいけなかったと、次からは狡猾に隠すのがうまくなったりする例も。
二度と連絡をとらないと約束したところで、相手は近くにいるのです。同じ職場の男性、友達の友達、サークルの仲間、元同級生など…。関係を完全に断ち切るために遠方に引っ越しても、今はネットで簡単につながってしまいます。

ケース1 分割払いで主婦の妻から160万円を支払わせる

相談者:30代男性
配偶者:30代女性

内容:
結婚当初から度々浮気を繰り返してきた妻でしたが、今度こそはと信じた矢先の裏切りでした。これまでは浮気相手にも慰謝料を請求しておらず、口約束させて関係修復ということを繰り返していましたが、さすがに目が覚めた相談者様。
離婚して、妻にも浮気相手にも慰謝料を請求することに決めました。

解決:
繰り返し同じ相手との浮気のため、慰謝料は160万円を請求。妻は専業主婦で収入がなかったので支払えないと泣きつかれましたが、拒否。分割払いを認めてとにかくどれだけ長くかかっても全額回収することにしました。
アグレッシブなタイプの誠意のない人は、行方をくらましたりする可能性があるので長期返済は認めない方が良いのですが、この妻は依存心が強く実家も近くにあることから回収は可能そうでした。念のため、妻の両親を連帯保証人としてつけさせました。
浮気相手は一括で支払いました。

ケース2 妻の相手は友人だった。慰謝料を得て再出発へ

相談者:30代男性
配偶者:20代女性

内容:
二年前、妻の浮気が発覚し、しかも相手が自分の友達だったという悲惨な経験をしていた相談者様。別れさせたつもりでしたが、実は不倫関係は続けられていたことがわかりました。
友人も妻も失いたくないという思いから以前は再構築を選んだのですが、前に進むためには二人を完全に人生から追い出すしかないと決意。
縁切りをするため、慰謝料を二人からしっかりとりたいという相談でした。

解決:
友人も妻も、表面上は反省の意は見せるものの、ほとぼりが冷めると変わらぬ軽口がたたけるというタイプ。今回も謝って済むものと思っていたようで、200万円の慰謝料請求書には慌てふためいたようです。
相談者に電話で切々と取り下げを訴えてきました。ほだされそうになる相談者様には電話に出ないようにしてもらい、交渉は書面のみと連絡しました。
妻も減額請求してきましたが(20万円)、度々約束を破っているので到底受け入れられないと拒否。友人が自宅や会社に押しかけたりといったトラブルはありましたが、断固取り下げない姿勢を貫いて満額獲得しました。

ケース3 妻に300万円、相手に200万円請求

相談者:40代男性
配偶者:40代女性

内容:
同じ相手と二度目の浮気をしていた妻。最悪なことに、自宅のベッドにいる二人を相談者様が見て発覚しました。
すぐ別居して離婚を決め、浮気相手には200万円を請求、妻には300万円を請求しました。
しかし妻は「今回アプローチしたのは彼の方で、私は流されただけ。関係は一度しか持っていない(今回は)」と主導的な責任を負っているのは浮気相手の方だと反論してきました。相手が200万円、自分は50万円くらいの責任だと。
浮気相手はお金のない学生。彼も「支払えるのは30万円まで」と交渉してきました。家庭をめちゃくちゃにされて、たった80万円で終わりなのか…というご相談でした。

解決:
妻は「前にも彼は支払っているのに、同じ話でまたお金をとるなんておかしい。今回はたった一回なのに、一年付き合った前より高い根拠がない」と聞く耳を持ちませんでした。
交際の経緯を聞くと、関係が一度だというのは嘘でした。実際は半年ほど続いていました(それも嘘かもしれませんが)。トータルでの交際期間は2年以上になりますし、二回目の裏切りということで減額を受け入れないことを告げました。
調停になりましたが、妻に反省の心がないことから調停員が見方についてくれ、要求通りを飲ませることができました。

離婚する前に相手に慰謝料請求する

離婚するつもりだとしても、先に浮気相手の方に慰謝料請求しましょう。<br>
妻には「あなたの処分は検討中です」とでも告げて針のむしろに置いておけばよいです。<br>
こうする理由は、妻に証拠を出させて協力させるためです。<br>
先に離婚→別居してしまうと、それ以上の証拠は手に入らなくなります。妻との話し合いには、慰謝料だけでなく、離婚、親権、財産分与など多くの事柄が含まれます。慰謝料で相殺できる部分も出てくるので、その方が話も早いです。

  • よくある質問
  • お客様の声
  • 料金プラン
  • 当社の選ばれる理由

慰謝料請求事例ブログ

慰謝料請求お悩み相談コラム

お問い合わせの流れ

お気軽にお問い合わせ下さい
メール問い合わせはこちら
© 2017 慰謝料相談ドットコム All Rights Reserved.