MENU

慰謝料的財産分与とは|用語集|慰謝料相談ドットコム

慰謝料相談ドットコム > 慰謝料請求お悩み相談室 > 慰謝料相談の用語集 > 慰謝料的財産分与とは|用語集|慰謝料相談ドットコム

tag:

慰謝料請求用語集【慰謝料的財産分与】とは?

慰謝料的財産分与とは、離婚の際の財産分与の一つ。財産分与にもいくつか種類があり、慰謝料的財産分与とは「慰謝料を含む財産分与」という意味です。慰謝料と明確に区別せずに、慰謝料を含む財産分与としてお金のやりとりをまとめてしまうやり方です。
財産分与は夫婦で等分が通例ですが、慰謝料を請求できる立場の人は慰謝料ぶんとして財産分与に上乗せして請求することができます。財産分与は等分、慰謝料は別として請求することもできます。

財産分与には種類がある

財産分与は、財産をわけ与えるという意味ですが、いくつか種類があります。

1 精算的財産分与
結婚後に夫婦二人で築いた財産をわけあって清算することを言います。財産形成への貢献度に著しく偏りがある場合をのぞいて、夫婦で等分が一般的です。妻側が専業主婦であっても、妻の支え合っての財産形成と認められます。名義が共有になっていなくても、動産、不動産などすべての財産が共有財産とみなされます。
結婚前に持っていた財産、別居後に作った財産は、共有財産とはなりません。

2 扶養的財産分与
本来、離婚後はそれぞれ自活して生きていくべきなのですが、収入がなく自立が難しいという場合があります。扶養的財産分与は、資力のある側が、相手に対し離婚後の生活を助けるために支払う財産分与です。専業主夫やパートタイムで働いていた側は、家庭を支えるためにそうしてきたと言えます。それなのに離婚後は片方だけが経済的に不利な状況に立たされてしまうので、離婚後もこれまでメインで収入を得ていた側がサポートするのが公平というわけです。

3 慰謝料的財産分与
慰謝料を含む財産分与です。財産分与と慰謝料支払いを、同時に精算してしまうということです。慰謝料は慰謝料、財産分与は財産分与として別々に受け取ることもできますが、一回で精算してしまえば慰謝料の未払いなどの問題が起こりにくく、後腐れがないというメリットがあります。

慰謝料的財産分与のメリット

財産分与と慰謝料を一緒くたにする慰謝料的財産分与には、次のメリットがあります。

1 精算が一回で終わる
慰謝料と財産分与についての話し合い、書類の作成などが一回で終わります。

2 現金が少ない場合に現物で補填できる
慰謝料が現金でやりとりされるのに対し、慰謝料的財産分与では家や車などの現物で支払うことができます。現金や収入が少ない相手に高額な慰謝料を請求して合意を得たとしても、お金がなければ結局支払ってもらえません。分割払いにするという方法もありますが、支払いが滞ったり相手が逃げ回ったりして、結局泣き寝入りになることがあります。財産分与の時に慰謝料ぶんを上乗せしておけば、後に未払いの問題が起こりません。

3 相手が支払いやすい
財産分与とは別で、慰謝料は慰謝料という名目できっちり支払ってもらいたい思われるかもしれませんが、相手が「自分は悪くない」と思っているなら、慰謝料を払うということに抵抗を覚えるでしょう。慰謝料的財産分与は、支払う理由を若干曖昧にするので、相手の心理的な抵抗を下げることができます。

慰謝料的財産分与のデメリット

慰謝料的財産分与は「慰謝料を含む財産分与」ですから、慰謝料はすでに受け取ったものとみなされ、後から慰謝料請求しても認められない可能性があります。
理由はよくわからないが夫が冷たくなって夫婦関係が壊れ、ギスギスした時間を過ごした後で妻が耐えられなくなって離婚に同意、原因は性格の不一致という場合がありますね。
この時、夫から「心が先に離れたのは自分だから、慰謝料を含んだ財産分与をしたい」と申し出があったとします。妻は自分も悪かったと思っているので、夫の申し出に誠意を感じ、感謝すらするかもしれません。
しかし、実は夫が冷たくなった原因は浮気相手がいたためで、夫はなんとか慰謝料を支払わずに済まそうとそのような手に出たのでした。
妻が後からその事実を知り、離婚の直接的原因である不貞行為を責め、慰謝料を請求しようと思っても、慰謝料的財産分与を受けていると慰謝料は請求できない場合があります。
金額的に十分な弁済になっていないと考えられる場合は慰謝料請求が認められることもありますが、すでに支払っているという事実があるので、減額されたりします。

慰謝料的財産分与にするかしないか

本来、慰謝料と財産分与は別のものですが、それを一回で済ましてしまうので慰謝料的財産分与には実務的なメリットがあります。「慰謝料請求」をされるとカッとなってしまう相手の場合、多少意味を曖昧にする慰謝料的財産分与なら納得させやすいことも挙げられます。後日慰謝料請求できなくなる可能性はありますが、支払いが十分でないとされれば不足分について請求できるので、デメリットの方が少ないでしょう。

  • よくある質問
  • お客様の声
  • 料金プラン
  • 当社の選ばれる理由

慰謝料請求事例ブログ

慰謝料請求お悩み相談コラム

お問い合わせの流れ

お気軽にお問い合わせ下さい
メール問い合わせはこちら
© 2017 慰謝料相談ドットコム All Rights Reserved.