MENU

離婚時、財産隠しをした相手の財産を把握するには?

慰謝料相談ドットコム > 慰謝料請求事例ブログ > 離婚時、財産隠しをした相手の財産を把握するには?

離婚調停中に夫が財産隠し。暴く手立てはあるのか

離婚の話し合いが始まった瞬間に、相手がまずするのは財産隠しだと思って良いでしょう。財産分与の負担を減らす…いや、自分の取り分を大きくするためです。試しに「離婚 財産 隠す方法」で調べると、逆の立場の方が何をしているかがよくわかります。そんなのひどいと思われますか?実は財産隠しは違法ではないのです。しかし、結婚後に築いた財産は夫婦の共有財産です。財産を隠されてしまった時の対処法、解決事例をご紹介します。

ケース1 あったはずの預金がない。調停前に財産を凍結させた

相談者:50代女性

配偶者:50代男性

内容:
離婚に際し、会社経営者の夫が相当な財産を持っているはずだと思っていた相談者様。しかし夫は「ほとんど会社の名義で、個人の財産などない」の一点張り。いくつかの通帳は見せてくれましたが、大した金額ではありませんでした。しかし、これまでの生活から考えてそんなはずはありませんでした。

解決:
財産隠しはそれを裁く法律がないことから、違法性を問えないことになっています。しかし、「調停・審判前の保全処分」という手続きを使うと、相手が財産を勝手に処分したりできなくなります。相手が財産を隠しそうなら、離婚審判を申し立てると同時にこれを行います。
今回のケースでは、家裁が仮差押を命じたので、銀行口座の凍結や不動産の名義人変更を不可能にしました。

ケース2 調停になり裁判所から照会をして財産を把握

相談者:50代女性

配偶者:50代男性

内容:
離婚調停中であり、夫が相当の財産を持っているはずだが、通帳など一切見せてくれず、探すことも不可能な状態。夫は長年浮気をしており、相手のいいなりに裸同然で放り出されるのでは納得がいかないと、財産分与でもめていました。

解決:
銀行の預貯金なら簡単に残高がわかるのではないかと思われるかもしれませんが、実際は調査が難しいです。妻といえども本人でなければお金を引き出すことはおろか残高照会もできないからです。
弁護士からの照会には銀行は回答する義務はないので、個人情報保護法を盾に回答しないことが多いです。
ただし、財産分与でもめて財産分与審判事件になると、裁判所から金融機関に照会がいきます。この場合は金融機関は回答しなければならないので、残高がわかります。
相談者様の例では、おそらく財産は預貯金に集中しているとのことで、財産分与の調停、審判を申し立て、財産分与審判事件としました。これによって預金残高が明らかになり、数千万円の財産を隠していたことがわかりました。財産分与は等しくわけられ、無事に離婚も成立しました。

財産は隠される前に把握する

基本的には、財産は一度隠されたらなかなか見つけることはできません。例えば、銀行の預貯金や有価証券以外のタンス貯金は、ご本人が家探しするしか手立てがありませんし、それも親兄弟の家、浮気相手の家など、自宅外に置かれてしまっていては探しようもありません。
日常的に財産を隠されないように把握しておくことが何より大切です。

離婚を決めてもすぐに離婚を突きつけたり別居したりしない

配偶者の不貞行為などがわかってすぐに家を飛び出したくなっても、DVがあって身の危険がある場合以外は、怒りに任せて別居してはいけません。有利に離婚するためには、いやいやでも配偶者の近くにいた方があらゆる点で有利な離婚ができるからです。
慰謝料獲得、親権獲得、財産調査を有利に進めるために、まずはニコニコして証拠や資料を集めましょう。同居していなければ、通帳を見ることもできません。これらは離婚の話し合いをする前が肝心です。

隠し財産を見つけるのは難しい

裁判所からの命令で差し押さえられる財産は、預貯金や保険商品などの明確なものだけで、金塊やダイヤモンドに変えて持っている、現金を友達に預けている、そういった財産は見つけられません。普段から隠されないようにがっちり掴んでおくしかないでしょう。

  • よくある質問
  • お客様の声
  • 料金プラン
  • 当社の選ばれる理由

慰謝料請求事例ブログ

慰謝料請求お悩み相談コラム

お問い合わせの流れ

お気軽にお問い合わせ下さい
メール問い合わせはこちら
© 2017 慰謝料相談ドットコム All Rights Reserved.