MENU

不倫で離婚がしたい際に有利にすすめる5つのポイント

慰謝料相談ドットコム > 慰謝料請求お悩み相談室 > 離婚にまつわるお悩み > 不倫で離婚がしたい際に有利にすすめる5つのポイント

不倫をされた!離婚を有利にすすめるポイントとは

夫や妻に不倫をされてしまったら、離婚したい!と思うことでしょう。悔しくて情けなくて、どうしようもない感情に襲われるかもしれません。しかしそんなときこそ落ち着いて対処することが大切です。
しっかりと離婚に向けて準備を始めましょう。ここでは不倫されて離婚を有利にすすめることができる5つのポイントをご紹介します。

不倫をされた際の離婚準備のプロセスとは

不倫とは結婚している夫婦のどちらかが不貞行為を行うことを言います。夫や妻に不倫をされてしまい、これ以上婚姻関係を続けていくのが難しい場合は、離婚へ向けて準備をすることになります。まず第一に不倫の証拠を収集しましょう。離婚の話を切り出すのはその後です。
先に離婚の話を切り出してしまうと、不倫の証拠を隠滅されてしまう可能性があります。ここは賢く準備をしましょう。相手が不倫をしていることを認めさせて慰謝料を請求します。関係の修復が不可能なのであれば、しっかり慰謝料を請求して離婚をします。
不倫の証拠として一番有効なのは探偵社や興信所の調査書です。また不倫相手とのメール、LINE、twitterなどのやりとりやスマホ、パソコンに保存された画像や動画も大きな証拠になります。
不倫の証拠を全て集められたら離婚話を切り出します。不倫が疑われる事実を話し、離婚をしたいことを告げましょう。

不倫は離婚の原因になる

不倫は法律上、離婚の原因になります。配偶者が不倫をして離婚したいと希望したら、例え相手が離婚をしたくないと拒んでも、離婚をすることが可能です。不倫は配偶者に対する大きな裏切り行為です。心のゆるみが取り返しのつかないことになりかねないように、キモに命じておきましょう。
配偶者の不倫がわかっても、すぐに離婚届けに判を押してしまうことは避けましょう。場合によっては不倫相手から慰謝料を請求することができます。不倫をされてしまったという怒りや悲しみ、悔しさに身を任せてはいけません。不倫をした配偶者が離婚を拒否することもありますし、協議離婚になった場合には不倫の証拠がないと不利になる可能性もあります。
法律上の不倫は男女間で肉体関係があることがポイントで、二人で出かけた、デートをした、手を繋いでいた、キスをしていただけでは不倫しているという証明ができません。不倫関係の証拠を集める際には、このポイントをしっかりと押さえなければならないのです。

不倫の証拠を集める

配偶者が不倫をしていて離婚したいと思っているなら、できるだけ離婚を有利にすすめるために、不倫の証拠を集めましょう。その後の慰謝料請求に役立ちます。
不倫の証拠として有利なのは、探偵社や興信所の調査書です。探偵社はプロですから、どんな環境でも撮影できるカメラやビデオで、顔がはっきりと認識できるくらいの証拠を用意してくれるでしょう。費用はかかりますが、後々慰謝料を相場額いっぱい請求できれば、チャラになります。よい探偵社を見つけること有利な証拠を揃えるために必要です。
また、メールやLINE、電話の通話履歴や、出かけた先のホテルの滞在記録、宿泊料金の領収書、交通手段の領収書なども証拠の一部になります。これらの証拠は全てコピーを取っておきます(万一破棄されてしまったときのバックアップ用)。
慰謝料請求の裁判になった場合、これらの証拠とともに証言者の態度、証言内容を照らし合わせ、慰謝料請求が認められるかどうかが決まります。

不倫による慰謝料を請求する

配偶者の不倫に対して、精神的苦痛を味わったのですから、慰謝料を請求するのは当然です。もしかすると配偶者から思わぬ罵声を浴びるかもしれませんが、そんなことは気にせず、しっかりと慰謝料を請求します。あなたは何も悪いことをしていないのですから。
慰謝料は精神的苦痛の賠償をお金で精算するだけのことではありません。慰謝料が支払われるということは、配偶者や不倫相手が裏切り行為を行ったということを、客観的に証明できるのです。
慰謝料の額にかかわらず、慰謝料が支払われていれば不倫した配偶者の責任で離婚をしたと証明ができます。請求には時間と労力がかかりますが、配偶者が既婚者だったと知りながら不倫をしていたという証明ができれば、不倫相手にも慰謝料が請求できます。
配偶者や不倫相手が軽率に行った行為がどれほど罪深いものだったのか、法定の場で知らしめましょう。

親権を確保する

お子さんがいる場合、最大の問題は子どもの親権でしょう。
成人前のお子さんがいらしゃる場合、親権を確保できるのは圧倒的に母親が有利です。父親が親権を取れるのはまれなケースですので、もし妻が不倫をしていたなら、夫が親権を取ってこれからちゃんと育児をしていくということを、裁判官の前で示さないといけません。
親権を確保したいのなら、経済的に余裕があるので親権を取りたい、妻は子どもをほったらかしにして不倫をしていたので、自分が子どもを引き取ったほうが幸せだということが客観的に証明できる証拠や資料を準備しましょう。
不倫で離婚がしたい場合には離婚準備を慎重に行う

不倫で離婚がしたい場合には、不倫の証拠を集めることが大事です。
不倫の証拠を集めたら配偶者に離婚を切り出します。
離婚の際には慰謝料、財産分与、親権、養育費の支払いなど、さまざまな手続きがあります。自分が有利に離婚がすすめられるように手続きをしていきましょう。
不倫の証拠をしっかりと押さえておくことが、離婚準備で最も大切です。プロの探偵社や興信所に証拠を揃えてもらい、離婚相談は弁護士にお願いするとスムーズでしょう。

  • よくある質問
  • お客様の声
  • 料金プラン
  • 当社の選ばれる理由

慰謝料請求事例ブログ

慰謝料請求お悩み相談コラム

お問い合わせの流れ

お気軽にお問い合わせ下さい
メール問い合わせはこちら
© 2017 慰謝料相談ドットコム All Rights Reserved.