MENU

不倫や浮気で慰謝料請求されたが払えない場合はどうするべき?

慰謝料相談ドットコム > 慰謝料請求お悩み相談室 > ケース別の慰謝料 > 不倫や浮気で慰謝料請求されたが払えない場合はどうするべき?

慰謝料を請求されたがお金がないので支払えない!対処法を解説

不倫したのが事実なら、慰謝料請求から逃れることはできません。 誠意をもって支払うのが筋です。 しかし、お金がなくて支払えないという場合もあるでしょう。 そんな時は、まずは減額交渉、次に支払い方法を分割にする交渉を行います。 慰謝料を払うお金がない時に行うことの手順、支払わないとどうなるのか、注意点を解説します。

まずは減額を交渉しましょう

慰謝料請求書には、「いつまでにいくらを支払え。支払わない場合は法的手段に出る」と書かれており、支払い期日が明記されていることが一般的です。手元にお金がない場合、大変焦るかもしれませんが、ここに書かれていることは相手の一方的な要求です。
慰謝料請求書には法的には何の拘束力もなく、内容は絶対ではありません。つまり、交渉の余地はあるということです。

無視した挙句裁判になれば、話し合いの場を提供したのに応じなかったとされ不利な立場になります。
「絶対に支払わない!浮気されたおまえも悪いじゃないか」など感情的な対応をすると、さらにまずい立場になります。
まずは減額を交渉しましょう。

慰謝料というのは精神的苦痛に対する補償という性格上、曖昧な金額であることも多いのです。
不貞行為の場合、請求額の相場は数十万円から300万円。不貞行為の期間や回数、それによって夫婦が離婚したかどうかなどによって決められます。
しかし、不貞行為一回いくら、ラブラブメール一本いくら、というように明確な基準があるわけではありませんから、ケースバイケースです。
弁護士が作成する場合は過去の判例から相場を出し、折り合いがつきそうな金額を提示するのが普通ですが、相手が自分で作成している場合は根拠なく感情的にふっかけている場合もあります。

不倫をしたのが事実でも、与えた損害を上回る補償はする必要がないので、話し合いをしましょう。
非がある側なので、相手の神経を逆なでしないように冷静に。強気ではなくお願いするというスタンスで臨みましょう。

分割払いを頼むこともできます

支払い方法は、一括払いを要求されることが一般的です。
慰謝料請求する側から「分割払いも受け付けます。その場合の支払いシミュレーションはこちらです」なんて案内してもらえるはずがありませんよね。 一括で払えない場合は、分割払いにしてもらうよう交渉しましょう。

ただしこれも、あくまでも平身低頭、お願いする立場であることを忘れてはいけません。
態度が悪ければ相手を激昂させかねません。「あなたの事情など知りません。借金でもバイトでもして支払ってください」と突っぱねられてしまいます。
誠意をもって償いたいことを示し、本当にお金がないこと、給与いくらのうち毎月いくらまでなら払うことができるという具体的な数字を出して相手を説得します。

請求する側からすれば、顔も見たくないような相手と長く関わりを持つのはまっぴらでしょう。
毎月振り込まれているかどうか確認したり、遅れると不安になったりイライラしたり、催促のストレスも非常に大きいです。
請求相手が引っ越したり職を変えたりして逃げる可能性もありますし、とりっぱぐれを防ぎたいに決まっています。
分割を受け入れたくない理由は山ほどあるので、相手の気持ちを考えましょう。

とは言っても、頑なに一括払いを求めて折り合いがつかなくなるより、「払ってもらえるなら」と分割を認める人の方が多いです。
相手が最初はうんと言わなくても、諦めないで交渉しましょう。

示談書の作成について

慰謝料の金額、支払い方法について双方の合意が得られたなら、通常は示談書を作成します。
示談書は、通常請求してきた相手方が作成するので、こちらはサインして印鑑を押すだけです。
この時、示談書の内容をきちんと見ましょう。

不倫の示談書には決まった書式はありませんが、次のような内容が盛り込まれるのが一般的です。

・誰と誰の不倫によって誰が損害を被ったか
・損害を与えたことを加害者のあなたが認めること
・これを補償するためにあなたが慰謝料を支払うこと
・慰謝料の支払い方法と期日
・支払い方法と期日に反した場合の処罰
・不倫関係の清算(二度と連絡をとらないなど)
・不倫関係の清算に反した場合の処罰
・この支払いをもって問題の解決とし、双方今後一切の追求をしないこと

重要なのは、支払いに関する違約条項。
支払いが滞った場合は5〜10%程度の遅延損害金が加算されるのが普通です。
あまりに高い利率で公序良俗に反する場合は無効になる可能性もありますが、慰謝料支払いの遅延損害金の利率については、法的に上限がありません。異常な高利率になっていないか確認しましょう。

示談書をもとに公正証書を作成するのが一般的ですが、分割払いは相手にリスクがあるので、特別な約款がつけられることが多いです。
これを「つけないでくれ」と支払う側が要求するのは、支払う意思がないとみなされるので、ほとんど不可能です。そういうものがあるということだけ参考までに知っておいてください。

・期限の利益喪失約款 支払いが滞った場合はそれ以降の支払いは分割は受け付けないというもの。一度でも支払いが遅れたら、残金は一括払いになります。

・強制執行認諾約款 「もし支払わない場合は強制執行してもかまいません」という念書の入った公正証書です。請求側は裁判を起こさずに即財産の差し押さえができます。

払わないとどうなる?

慰謝料の支払いを一度認めたにも関わらず、支払いをしないでいると、法的手段をとられ裁判を起こされてしまいます。
裁判を起こされると指定された日時に出頭しなければなりません。慰謝料請求の裁判が長引くことは少ないですが、裁判の精神的な負担は大きなものです。
裁判所は、基本的に土日祝日は休みです。裁判は平日昼間に行われます。
働いている方は、会社に事情を話さなければならないかもしれません。

一度は支払いを認めたけれど、自分はそこまで悪くないし、慰謝料なんて払わないぞ!やっぱり裁判を受けて立とうじゃないか!と思う方も稀にいるかもしれませんが、この裁判は受けて立つだけ無駄です。
お金を請求する側には裁判をするメリットがありますが、請求される側は一文にもならないからです。弁護士をつけるとそのぶんの費用がマイナスになるだけ。勝ったところで得られるのは自己満足だけです。
裁判を起こされるというのは、それだけで非常にデメリットの大きいものです。
勝っても何の得にもならない裁判は、避けるべきです。

すでに慰謝料についての裁判に負けていて裁判所から支払い命令が出ている場合、強制執行認諾約款付公正証書を作成している場合は、相手は裁判なしに強制執行で財産を差し押さえることができます。

強制執行では、預貯金、給料、不動産、動産など、まとまった財産が強制的に差し押さえられます。
まずは預貯金や給与が差し押さえの対象となるので、家具や生活用品などの家財道具が根こそぎ持って行かれるという心配はありませんが、突然貯金が口座からごっそりなくなったり、自動車を差し押さえられたりすれば、生活に支障が出るでしょう。
給与の差し押さえの場合は、裁判所から勤め先の会社に直接連絡がいきます。差し押さえにあっていることは必ず職場にバレます。
不倫のために慰謝料を支払うことになり、しかもそれを踏み倒しているなんて、社会的信用は失墜するでしょう。

慰謝料は債務整理でチャラにできるのか

自己破産すると債務整理を行い、実質借金はチャラにすることができます(破産後の人生には、相当なペナルティがつきますが)。
それでは、慰謝料も債務ですから、債務整理すれば支払い義務はなくなるのでしょうか?

答えはYESとNOの中間です。
たとえ破産しても、基本的には慰謝料の支払いは免責されません。慰謝料はカードローンなどの借金とは性質が異なり、非免責債権とされているからです。養育費の支払いも同じ扱いです。
慰謝料のほかに借金を抱えていて破産する場合は、慰謝料の支払いを優先しましょう。消費者金融からの借金などは「返さないと大変なことになる!」というイメージが強いですが、破産するならこれは払う必要がないからです。

ただし、慰謝料も免責される可能性はあります。
自己破産というのは多重債務者の救済が目的ですから、一人の人間の生涯が破壊されるよりは慰謝料といえども棒引きになる場合があるのです。 その条件は、慰謝料の発生原因である不法行為に悪意がないことです。
例えば次のような場合です。

・既婚者だとは知らずに交際してしたが、交際相手の配偶者を傷つけたことには変わりないので関係清算の意味で慰謝料の支払いに応じた。

・妻とは長年別居しており離婚調停中だったが、他の女性と関係をもってしまい妻に知られた。早く離婚するために妻の要求してきた慰謝料に応じたが、そもそも妻とは別居しており権利の侵害自体がなかった。

悪意があった場合には、免責となりませんので要注意。
あまり例がないかもしれませんが、険悪な同僚を貶めるためにその妻を寝とったとか、財産目当てで近づいて無理に関係に持ったとか、そんなところでしょうか。
実際の不倫は、流されて出来心の遊びがほとんどなので、強い悪意があったとはいいにくいですが、最終的には裁判所が判断するので、ケースバイケース。
自己判断して誤る可能性があるので、専門家に相談しましょう。

借金してでも払うべきか。逃げ切ることはできるか

上にも書いた通り、慰謝料の支払い義務は債務整理しても基本的には免責されない、つまり義務が強いものです。
借金してでも払うかどうはその人次第です。借金してでも払っている人はたくさんいます。自分のしたことの後始末ですから、できる限り優先して払うべきものです。

どうしても払えない、自己破産もしたくない、差し押さえからも逃げたいという場合、逃げ切る方法はあるのでしょうか?

こんなことを言ってはいけませんが、住所を移しながら逃げる人がいます。
裁判を起こしたり差し押さえをするには、相手の住所が判明していなければならないので、請求相手に知られずに住所を転々とするだけでも、相手が打つ手を封じることができるのです。
いつもビクビクしながら暮らし、相手に居所がばれた瞬間にまた引っ越しを繰り返さなければなりませんが…。

住所、仕事、何もかもを捨てて逃亡し、これまでの人間関係すべてを断ち切って一人で生きていくなら、そのまま踏み倒すことはできます。
しかし、払わずに済んだ慰謝料との釣り合いは取れないでしょう。
不貞行為の慰謝料は、多くても200万円程度です。仮に200万円とするなら、毎月5万円支払って3年かかりますが、引っ越しと転職だけでも数十万円かかるので、200万円まるまる得するわけではありません。
百数十万円に、家族や友達を失うほどの意味があるかどうかを考えれば、逃げるなんてまったく愚かなことでしょう。

請求された慰謝料が払えないなら交渉する

お金がなくて慰謝料を支払えないなら、減額の交渉、分割払いの交渉をします。
支払っている途中で自分の経済状況が変わって支払いが困難になってきたという場合は、支払いの途中でも減額や分割回数を交渉してかまいません。
状況を納得さえすれば条件を変更してくれる人も多いです。

  • よくある質問
  • お客様の声
  • 料金プラン
  • 当社の選ばれる理由

慰謝料請求事例ブログ

慰謝料請求お悩み相談コラム

お問い合わせの流れ

ご相談・お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせ下さい
メール問い合わせはこちら
© 2017 慰謝料相談ドットコム All Rights Reserved.