MENU

慰謝料請求されても、一切お金を払わずにゼロ和解できた事例を紹介します

慰謝料相談ドットコム > 慰謝料請求事例ブログ > 慰謝料請求されても、一切お金を払わずにゼロ和解できた事例を紹介します

慰謝料請求されたが、費用ゼロで和解して離婚した事例

慰謝料や債務返済を請求されたものの、話し合いで費用ゼロで和解することをゼロ和解と言います。離婚に関わる慰謝料請求の場合、男女問題ですからどちらか片方が一方的に悪いという例ばかりではなく、相手の非も認めてもらうことでゼロ和解できる事例があります。ゼロ和解に至った離婚事例をご紹介します。

ケース1 自分は浮気したが、配偶者も浮気していた

相談者:30代男性

配偶者:30代女性

内容:
浮気を理由に200万円の慰謝料請求と離婚を突きつけられていた相談者様。しかし、長らく妻に性交渉を拒否されていたこと、不貞行為は一回であったことを理由に、自分にはそこまでの非はないと考えていました。妻は度々夜に出かけており、それも怪しいと思っていたようです。

解決:
お話を伺い、妻の方も家庭での義務をきちんと果たしているとは言えないところがあったため、金額の交渉をおすすめしました。相談者様は別途、探偵を雇って妻の身辺調査を行いました。すると、妻の側にも不貞行為が発覚。慰謝料は相殺となり、費用ゼロで離婚が成立しました。

ケース2 身に覚えのない冤罪DVで慰謝料請求されたが反論できた事例

相談者:40代男性(子ども1人)

配偶者:40代女性

内容:
妻から当然離婚を突きつけられた相談者様。「あとは弁護士から連絡する」と言い残して妻は家を出ていき、後日弁護士から届いた慰謝料請求書にびっくり。そこには身に覚えのないDVの記録が羅列されており、相談者様を犯罪者扱いして慰謝料300万円を請求するとあったのです。
どのように否認すれば良いのかわからない、と相談にいらっしゃいました。

解決:
やっていないことを実証するのは不可能ですので、冤罪DVの解決には難しいところがあります。少し前までは、か弱い女性の主張が聞き入れられやすいというところがあり、煮え湯を飲まされた男性も多くいたそうです。しかし、近年、痴漢冤罪に続いてDV冤罪が問題となっており、調停員も女性の言い分だけを聞かないように慎重になっています。
冤罪DVをでっちあげられたら、どんな小さなことでも構わないので反論できる材料を揃えましょう。
このケースでは、家族ぐるみで付き合っていた友人数名に証人になってもらいました。また、これまでいかに真面目に働き、家事育児を行なってきたか、具体的に列挙した資料を作成しました。
妻側に明確な証拠がなかったことから、今回は冤罪を免れることができ、DV認定はされませんでした。自動的に、慰謝料ゼロで離婚となりました。

ケース3 モラハラで慰謝料を請求されそうな兆候をキャッチ

相談者:50代男性(子ども2人)

配偶者:50代女性

内容:
たまたま妻の日記を見てしまったことがきっかけで、迫り来る嵐を予感した相談者様。妻の日記には、詳細な日付や時間とともに、ありもしない夫のモラハラが記録されていたのです。遡ってみるとモラハラの記録は1年前からつけられており、妻の部屋からICレコーダーの説明書も見つかりました。これは計画的に自分を陥れる腹だなと理解。ことが起こる前に相談にいらっしゃいました。

解決:
日記も証拠になるという点を逆手にとって、証拠を捏造して慰謝料請求するパターンです。こういった相手の場合、決定的な証拠を得るために、わざと相手を激昂させるように会話を誘導し、怒鳴ったところで録音…ということもします。絶対に平静を失わないよう、また、相談者様にも録音をアドバイスしました。冤罪をでっちあげる側は、相手が怒鳴った瞬間の都合のよいところだけを切り取るためです。やっていないことを実証するのは難しいものですが、このようにすれば相手が冤罪の証拠を残してくれるというわけです。 この作戦がうまくいきました。妻は夫が怒鳴った部分の音声を調停で提出。しかし夫はその前後を含めて提出することで、計画性をわかってもらうことができたのです。こうなった以上夫婦関係は完全に破綻していますので無事に離婚成立しました。慰謝料もゼロとなりました。

慰謝料請求、言われるままに支払うのは少し待った?

慰謝料請求されて自分に非がある場合は、もう言い逃れができないと考えるかもしれません。しかし、相手は自分の非を隠すもの。結局喧嘩両成敗ということもありますし、突き詰めて考えればそもそもの原因を作ったのが相手だったり、でっちあげのいいかがりだったりもします。身を守るために慎重に。慰謝料請求されたら、それが適正な価格なのか、減額交渉の余地はないかを探りましょう。

  • よくある質問
  • お客様の声
  • 料金プラン
  • 当社の選ばれる理由

慰謝料請求事例ブログ

慰謝料請求お悩み相談コラム

お問い合わせの流れ

お気軽にお問い合わせ下さい
メール問い合わせはこちら
© 2017 慰謝料相談ドットコム All Rights Reserved.