MENU

高すぎる慰謝料を請求された時の対処法と、解決事例

慰謝料相談ドットコム > 慰謝料請求事例ブログ > 高すぎる慰謝料を請求された時の対処法と、解決事例

慰謝料請求されたが、あまりに高額!対処法を事例とともに紹介

慰謝料には明確な基準がなく、上限もありません。いくら請求しようと自由ですし、相手が納得さえすれば成立します。とは言っても、過去の判例から大体の相場はあります。そこからあまりにも逸脱する高額な慰謝料を請求された場合の、対処法について解説します。

不当に高額な慰謝料は、支払う必用がありません

慰謝料を請求されて、実際にこちらに不法行為があり、相手に損害を与えてしまったという場合でも、不当に高額な慰謝料請求は突っぱねてもかまいません。 精神的苦痛に対する損害の補填という性質上、慰謝料にははっきりとした目安はありません。 しかし、一回きりの浮気で「1億円要求します!私はそれくらい傷ついたからです!」と言われても、全然納得できませんよね。 そんなのは当たり屋と変わりません。
不貞行為による慰謝料の相場は、50万円から200万円程度です。 どんなに傷ついたとしても、それ以上は法外な値段と言えます。
たとえあなたが莫大な財産をもつ資産家だったとしても、それは変わりません。 請求相手が金銭的に恵まれている場合は高額の慰謝料を請求することがありますが、それは相手の支払い能力を見越して相場のマックス金額を提示しているだけです。 慰謝料は、精神的苦痛という損害に対する穴埋めの意味を持つものです。相手がお金持ちだからよけいに傷ついたなんてことはありませんので、法外な要求は通らないのです。

減額交渉、分割払いの交渉もできます

もし高額の慰謝料を請求され、それが不当なものだと思ったら、減額を交渉しましょう。 慰謝料請求書が届いたら、返事は書面にし、内容証明で送ります。 内容証明で送るのは、後で言った言わないのトラブルを防ぎ、相手に確かに届けるためです。
減額の交渉をする際には、相手の請求額に根拠がないことを訴え、相場の金額を示して反応を待ちます。 この書面を作るのは、過去の判例に明るい弁護士や行政書士などの、法律の専門家がいいでしょう。 自分で作成することもできなくはありませんが、それも根拠のない数字となりかねないからです。
慰謝料の支払い方法は一括で求められることが多いですが、まとまったお金がない場合は借金に走る前に、分割払いの交渉をしましょう。 分割なら生活に支障が出ない程度の負担に抑えることができますから、慰謝料のせいで家を手放したり一家離散など最悪の展開を免れることができます。
相手は一度のやりとりでは納得しないかもしれませんが、粘り強く交渉しましょう。示談で和解に至らない場合は家庭裁判所の調停を使い、それでもダメなら裁判に移行します。 ほとんどの慰謝料問題は裁判にはならず、示談で解決されています。

ケース1 丁寧な謝罪で減額を交渉

相談者:30代男性

請求してきた相手:浮気相手の女性の夫

相談内容
職場の女性と1年にわたって浮気をしていた相談者様。相談者様も相手女性も既婚者でした。女性の夫に二人の関係がばれて、慰謝料を請求されました。 金額は100万円。相談者様は、とてもこの金額は妻に隠し通せないと、相談にいらっしゃいました。どうしても妻には隠しておきたい、動かせるお金は60万円程度しかないということでした。

解決方法
60万円なら支払えるということでしたので、減額交渉をスタートしました。減額交渉は、下手に出て様子を見ながらの交渉です。相談者様には、丁寧な謝罪文を書いていただき、それも相手に送りました。 謝罪は意外と強い武器なのです。相手はお金を儲けるためにやっているのではなく、傷ついた心を晴らしたいだけなのです。ですから、お金を払う意思を見せると同時に、きちんとした謝罪もおろそかにしないでください。言い方は悪いですが、謝罪はタダですから。 この手紙が功を奏したようで、相手の態度はかなり軟化しました。 こちらには貯金がなく、100万円は支払うことができない。60万円なら一括で支払う用意があるということをわかってもらい、60万円で決着しました。

ケース2 請求額に根拠がないことを訴えて減額

相談者:20代女性

請求してきた相手:浮気相手の男性の妻

相談内容
相談者様は大学生。アルバイト先の飲食店で、客として通っていた男性と交際がスタート。しかし男性は単身赴任中で、県外に妻がいる既婚者でした。 ある時、男性の家で相談者様は妻と鉢合わせ。男性に話を聞くと既婚者だと告白されました。 既婚者だとわかった後も、どうしても別れたくないと話し合いをするため、相談者様は3回ほど男性の自宅へ行っています。そのうち一回は夜中になってしまったので泊まってしまいました。 妻は鉢合わせした後ですぐに探偵を雇っていたようで、この様子を証拠に押さえていました。 そして、400万円の慰謝料請求をされてしまったのです。相談者様はまだ学業も1年残っており、お金などないという相談でした。

解決方法
そもそも相談者様は騙されて交際しているので、悪質性は低いと言えます。既婚者だとわかった時点でスッパリ別れられず泊まってしまったのは問題ですが、話し合いのためでしたので、一応は言い分があります。 また、400万円は相場から言っても高額すぎます。 そこで、請求金額に根拠がないことを理由に、減額交渉しました。 こちらも被害者であること、反省していること、話し合いのために訪問した時には体の関係はなかったことを伝えました。 こちらの提示した金額は50万円です。妻は最初、納得していませんでしたが、繰り返し謝罪をすることで、相談者様の心情も理解してくださり、50万円で決着しました。

慰謝料が相場かどうかを知るために

インターネットで検索するとだいたいの相場はわかりますが、様々な要素が影響しますので、本当のところはケースバイケースです。相場を知るには、過去の判例をよく知っている法律の専門家にアドバイスを求めることをおすすめします。

  • よくある質問
  • お客様の声
  • 料金プラン
  • 当社の選ばれる理由

慰謝料請求事例ブログ

慰謝料請求お悩み相談コラム

お問い合わせの流れ

お気軽にお問い合わせ下さい
メール問い合わせはこちら
© 2017 慰謝料相談ドットコム All Rights Reserved.