MENU

SNSで知り合った女性と関係を持ち、慰謝料を請求された事例

慰謝料相談ドットコム > 慰謝料請求事例ブログ > SNSで知り合った女性と関係を持ち、慰謝料を請求された事例

SNSで知り合った女性と肉体関係に。慰謝料請求れる場合があります!事例を紹介

SNSが美人局の巣窟となっている!?

美人局は、大昔からある犯罪です。一般的な手口としては、魅惑的な美女に誘惑されて性行為をしようと服を脱いだところで、女の夫と名乗る男が現れて「俺の妻に手を出したな」と金を脅し取られるというもの。 実際に性行為をさせて、その現場に夫が乗り込んできたり、写真を撮られていたり、ホテルから出てくるところを写真に撮ったり、後から「妊娠したから責任をとれ、中絶費用を払え」と脅したり、手口は色々です。 この古典的な詐欺が、インターネットと携帯電話とSNSの発達で、誰でも手軽にできるようになっています。 出会い系サイトで知り合い、会ってすぐにホテルに行き、入る直前で声をかけられる、シャワーを浴びている間に身分証を抜き取られ、脅されるというケースがあります。
こういった詐欺は一度要求に応じてお金を支払うと、それで終わらず次々と金品を要求されるケースが多いです。中でも厄介なのが、未成年が美人局を行なっている場合です。
売買春は形式的には不法行為ですが罰則がありません。罰則があるのは、組織買春、買春の斡旋、場所の提供を行なった場合のみで、例えば売春婦が街で男性に「遊んでいかない?」と声をかけ、男性がそれに応じてお金を支払ったとしても、男女ともに罰せられることはありません。 しかし、児童買春は別です。18歳未満の児童に対して性行為を行うと、犯罪となります。買春を行なった児童は罰せられませんが、買った大人は重く罰せられます。

・児童買春罪、自動ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護に関する法律
5年以下の懲役若くは500万円以下の罰金
近年、これを逆手にとって未成年がインターネットで美人局を行うケースが増えています。

美人局に遭ったら時の対処法

・相手が既婚者だった場合は不貞行為になる
既婚者と性交渉をしたとしても、それを知らなかったのであれば故意も過失もなかったことになります。慰謝料を支払う必要はありません。 出会い系サイトやSNSなどで知り合って一晩限りの関係を楽しんだ場合、相手が既婚者かどうかは知りようがありませんから、知らなかったと反論することができます。 ただし、「夫が出張中で寂しいの」などと、相手が既婚者であることを明かした上で関係を持った場合は、知らなかったという言い訳が通じません。特に、出会い系いサイトやSNSで知り合った場合、そのやりとりが残っていることが多いです。 相手が最初から美人局をする目的だったとしても、一度の関係でも、支払い義務があります。

・相手が既婚者でない場合は支払い義務はない
女性の交際相手という男性が出てきた場合は、慰謝料の支払い義務はありません。「俺の女に手を出したな!」と脅されるかもしれませんが、交際していただけでは、その女性と性交渉したとしても権利の侵害を行なったことにはなりません。

・相手が未成年だった場合は犯罪になります
一番の問題は相手が未成年だった場合ですが、相手が未成年だと知らなかった場合は、罪には問われません。ただし、年齢を確かめなかったことについて過失がみとめられると、処罰される可能性があります。確認したのに相手が嘘をついていた場合は、処罰されません。 もちろん、相手が未成年だと知った上で行為に及んだ場合は、処罰されます。しかし、相手に謝罪して示談にすることができれば不起訴で終わることも多いです。必ずしも前科者になってしまう…というわけではないので、「警察に突き出すぞ!」と脅されても落ち着きましょう。 本当に未成年と性交渉をして、相手の親などから慰謝料を請求されたのであれば、支払って終わりにするのも一つの手です。 繰り返しお金を要求されないためには、今後一切相手から請求をしないことを明記した示談書を作成して慰謝料を支払うという方法をとります。

・被害に遭ったら警察へ
人には知られたくない、情けなくて誰にも相談できないと泣き寝入りしてしまう方がいますが、一度お金を支払うと、そこからズルズルと要求が続くことは十分考えられるでしょう。 相手が犯罪者の場合は、示談書の作成など、通常の慰謝料支払いの方法を受け付けず「今すぐ現金を持ってこい!」と脅されることの方が多いので、自己解決は難しいでしょう。 美人局は、詐欺罪や恐喝罪、脅迫罪にあたります。相手の行為は不法行為です。 恥ずかしいかもしれませんが、警察に相談しましょう。

ケース1 SNSで知り合って性交渉した相手から、後日妊娠したと連絡がきた

相談者:40代男性

慰謝料を請求してきた相手:20代女性

相談内容
SNSで声をかけてきた女性と会ってホテルへ。性交渉をして二週間後、妊娠したので慰謝料を支払って欲しいと女性から連絡が!会って話そうと言うと、すぐに「もう中絶した。中絶費用だけでけっこうなので20万円支払ってください」と連絡がきた。これは美人局か?

解決方法
妊娠した証拠、中絶した証拠を当事務所より書面で求めました。しかし相手は無反応。これだけで、解決となりました。あわよくばを狙った嘘のようです。法律の専門家から書面を送るだけで相手が観念する場合もあるので、冷静な対処が一番大切です。

ケース2 出会い系で知り合った女性とセックスしたら、相手の父親から慰謝料請求された

相談者:30代男性

慰謝料を請求してきた相手:10代女性の父親

相談内容
出会い系アプリで知り合った女子高生と性行為をしたところ、ホテルを出たところで女性の父親を名乗る男に取り押さえられ、慰謝料200万円を払えと恫喝された。その場では連絡先を渡して逃げたが、どうしたらよいのか。

解決方法
美人局かどうかの判断が微妙なケースです。実際に年齢を確認した上で性交渉しており、相手の年齢も17歳でしたので、児童買春にあたります。相談者様は公にしたくないとのことでしたので、示談交渉しました。 何度かやりとりをして、慰謝料50万円で決着しました。

美人局かどうかは、判断しにくい

相手が最初から騙す目的があったかどうかを立証することは不可能なので、事実性行為を行なったのか、相手の立場や年齢を知っていたかどうかのみが争点となります。慰謝料を支払わねばならないケースも多いです。SNSで知り合った女性と安易に性交渉しないことですね…。

  • よくある質問
  • お客様の声
  • 料金プラン
  • 当社の選ばれる理由

慰謝料請求事例ブログ

慰謝料請求お悩み相談コラム

お問い合わせの流れ

お気軽にお問い合わせ下さい
メール問い合わせはこちら
© 2017 慰謝料相談ドットコム All Rights Reserved.