MENU

不倫相手の夫から高額な慰謝料を請求されても減額が可能です

慰謝料相談ドットコム > 慰謝料請求事例ブログ > 不倫相手の夫から高額な慰謝料を請求されても減額が可能です

不倫相手の夫からきた高額な慰謝料請求を減額できた事例

不倫相手の夫(配偶者)に浮気がバレてしまい、高額な慰謝料を請求されてしまったら困りますよね。不倫は絶対にいけないことですが、気持ちが抑えきれないケースも出てくるでしょう。 ここでは不倫相手の夫(配偶者)から慰謝料請求をされたけれども、大幅な減額をさせた事例をご紹介します。

大幅減額に成功した事例

相談者:40代男性

内容:
以前不倫していた既婚者(女性)の夫から1000万円の慰謝料を請求されてしまった相談者様。相談者様は不倫関係にあった事実は大変反省しているため請求には応えるつもりでしたが、とても払える額ではないため減額が可能か相談に来られました。

解決方法:
不倫した本人(既婚者女性)が大変反省していること、不貞関係が終わっていること、本人が人事異動で不倫相手と会わなくなったことを丁寧に説明し、慰謝料の減額を申し出ました。不倫相手が離婚に至らず夫婦関係が修復できたこと、不倫相手と二度と会わないとの誓約書を作成した結果、600万円の減額に成功しました。

慰謝料請求額を4分の1に減額できた事例

相談者:30代男性

内容:
職場の女性(既婚者)との不倫が不倫相手の夫(配偶者)にバレてしまい400万円の慰謝料請求をされてしまったご相談者様。積極的なアプローチは女性側にあったので減額することはできないか、また分割の支払いは可能なのかとのご相談内容です。

解決方法:
不倫をした本人も既婚者でダブル不倫の状態でした。自身の家族に知られずに解決したいと悩んでいること、数百万円の慰謝料が妥当な金額なのか知りたいということ、妥当であれば誠意を持って支払う準備があること、大変反省していることを不倫相手の夫(配偶者)の代理人に粘り強く説明しました。当初減額の要素はないと突っぱねていましたが、丁寧に交渉し、当初の四分の一まで減額が成功。支払いも5回に分割して支払うことで決着がつきました。

1000万円の請求が十数万円まで減額できた事例

相談者:30代男性

内容:
ホテルに入るところを目撃された相談者様に1000万円の請求が!払える金額ではないので、どうにか減額できないかとご相談頂きました。

解決方法:
不倫相手の夫(配偶者)の怒りが収まらず、大変感情的になっていました。1000万円は慰謝料としてあまりに高額だということ、不倫関係は精算していること、二度と会わないと誓約書を作成したことなどを考慮して、減額をしてもらえるよう交渉を進めました。
不倫が原因で離婚に至ってしまった場合、300万円ほどの請求が妥当ですが、このケースの場合夫婦関係が良好だったため、慰謝料は60万円まで大幅に減額することができました。

慰謝料請求への支払いが免除された事例

相談者:20代男性

内容:
同じ年の女性が既婚者とは知らず不倫関係になってしまった相談者様。配偶者(夫)の代理弁護人から500万円の請求をされてしまいました。

解決方法:
友人の紹介でお付き合いを始めたという相談者。既婚者であることを知らされておらず、突然の請求に戸惑われていました。このケースの場合、
1.年齢が同じ歳だった
2.相手が既婚者であることを明かさなかった
3.女性側が積極的だった
4.子供がいなかった
5.不倫相手が離婚には至らなかった
の理由から、支払いを免除することができました。結果として不倫関係になってしまっていたのは事実ですが、相談者は既婚という認識が全くなかったことから高額な慰謝料の支払いを免れました。

高額な慰謝料請求額は減額可能です。

いきなり高額な慰謝料が請求された内容証明郵便が送られてきたら、どんな人でもビックリしてしまいますよね。数千万円はあまりにかけ離れていますが、ケースによっては本当に支払う義務が生じるかもしれません。

しかし不倫相手の夫から慰謝料請求をされても、大幅な減額が可能です。諦めずに信頼できる弁護士に相談されることをおすすめします。

  • よくある質問
  • お客様の声
  • 料金プラン
  • 当社の選ばれる理由

慰謝料請求事例ブログ

慰謝料請求お悩み相談コラム

お問い合わせの流れ

お気軽にお問い合わせ下さい
メール問い合わせはこちら
© 2017 慰謝料相談ドットコム All Rights Reserved.