MENU

慰謝料でもめて離婚成立できない時には、解決金によって離婚できることも多いです

慰謝料相談ドットコム > 慰謝料請求事例ブログ > 慰謝料でもめて離婚成立できない時には、解決金によって離婚できることも多いです

慰謝料ではなく解決金を受け取って離婚を成立させた事例

収入がない側は離婚することで生活が困窮するという理由で離婚に応じないことが多いため、離婚したい側が解決金という名目でお金を支払えば離婚に納得してもらえることがあります。慰謝料との違いは、解決金の場合は自分の非を認めたために支払うお金ではないということです。実態のない浮気を疑われた、冤罪DVを訴えられたという時、解決までに時間がかかるよりは解決金を支払って早く再スタートを切るというのも良い方法です。

ケース1 浮気はしたが自分だけ慰謝料を支払うのが納得いかない!

相談者:20代男性

配偶者:20代女性

内容:
相談者様の浮気が発覚し、配偶者から離婚を求められましたが、同時に高額な慰謝料と財産分与を求められ、離婚合意できないでいました。確かに相談者様は浮気をしましたがそれというのも、結婚当初より妻から何の理由もなく性生活を拒否されていたこと、妻が電話で友人に言った「優秀なATMさえいればいい」という言葉に絶望を味わったことに端を発していました。自分はそこまで悪いことをしていないということで慰謝料は払いたくないと考えておられました。

解決:
理由もなく性生活を拒否する、結婚後一度も性生活がないという場合は、「婚姻を継続しがたい重大な事由」にあたります。逆に、相談者様から早々に離婚を切り出した方が良かったかもしれません。ここで浮気をしてしまうとお互いに有責配偶者ですから、慰謝料を相殺することになります(実際は、きれいに相殺できるかはわかりません。有責度から金額が出されます)。 妻側にも非があるということを法的根拠をもとに説得しました。妻側はその点には納得しましたが、それでも自分の方が傷ついたということで慰謝料の減額はしませんでした。そこで、解決金提示のアドバイスをしました。婚姻費用や慰謝料といった納得できないお金ではなく、気持ちを切り替えられる解決金にして早い解決を目指しました。

ケース2 性格の不一致で離婚したい

相談者:20代女性

配偶者:20代男性

内容:
結婚当初より仲が悪く、離婚したいと考えていた相談者様。しかし夫は離婚を絶対に認めないと頑なでした。実際は共同生活が送れないところまで夫婦関係は破綻しており、家庭内別居の状態でしたが、性格の不一致や家庭内別居程度では、離婚事由として認められません。
別居したとしても、それを理由に離婚するには何年もかかります。子どもも欲しい、20代のうちにやり直したいと相談者様は焦っていました。

解決:
協議を繰り返し、説得しました。特に重大な理由がない場合は離婚調停を行っても離婚を認めてもらえないのであまり意味がありません。長引けば長引くほどお互いにメリットはありませんし時間は有限です。そこで、妻側が解決金を提示することで、誠意を示し、本気であることをわかってもらいました。相手弁護士も妻の主張を入れて再スタートすることを勧めてくれたようで、解決金100万円で無事に離婚できることとなりました。

ケース3 解決金として、慰謝料よりも高額を獲得して離婚

相談者:40代女性

配偶者:50代男性

内容:
夫の浮気により離婚を決意したものの、夫の浮気相手は交際相手が既婚者だったとは知らなかったと主張。夫と浮気相手の出会いの場が婚活パーティーだったことから、それは真実のようでした。夫は結婚当初から妻のことが気に入らず、次の相手を探していたのです。結婚生活は1年ほどで、夫と浮気相手の両者に慰謝料を請求しても大した金額にならないということから、泣き寝入りするしかないのかと相談にいらっしゃいました。

解決:
浮気が原因で離婚に至った場合の慰謝料の相場は50万円から300万円です。この夫は非道な行いをしているので、高額の慰謝料がとれる可能性もありますが、「妻が家事をおろそかにしたのが悪い」など妻の悪いところを挙げて非を認めない姿勢を崩しませんでした。 一方、夫は早く新しい女性と一緒になりたいということで離婚を希望していました。そのため、逆に妻は離婚に応じない姿勢を見せて交渉しました。最終的には、長引くと判断した夫から300万円の解決金の提示があり、離婚成立。慰謝料よりも解決金を得た方が高額となる場合もあるので、慰謝料がとりにくい場合は根気よく交渉することも有益です。

解決金は、スピード解決の助けになります

解決金は、自分の非を認めない有責配偶者からお金を出させる良い方法です。また、別れたいけれど相手が別れてくれないという時に、相手を納得させる手段にもなります。解決金を支払って離婚成立する場合は、必ず契約書を作成しましょう。あとあと慰謝料を請求されることがないように、すべて解決済みであることを明記するのが安心です。

  • よくある質問
  • お客様の声
  • 料金プラン
  • 当社の選ばれる理由

慰謝料請求事例ブログ

慰謝料請求お悩み相談コラム

お問い合わせの流れ

お気軽にお問い合わせ下さい
メール問い合わせはこちら
© 2017 慰謝料相談ドットコム All Rights Reserved.