MENU

不倫が原因で離婚になった妻が高額請求できた事例

慰謝料相談ドットコム > 慰謝料請求事例ブログ > 不倫が原因で離婚になった妻が高額請求できた事例

不倫が原因の離婚は高額請求が可能

不倫が原因で婚姻関係に変化があり離婚に至った場合の慰謝料請求の相場は200〜300万円と言われています。しかしこちらは裁判を行なった場合の相場となるため、協議による離婚は基本的にお互いが納得いく金額が提示できることも。ここでは高額請求できた事例をご紹介いたします。

ケース1 夫の不倫が原因で別居後離婚できた事例

相談者:30代女性

配偶者:40代男性

内容:
半年ほど前、相談者が自宅に戻ると、不貞行為の現場に遭遇。耐えきれなかったため、そのまま別居をスタートさせたという相談者様。続けていく自身がないため離婚もしたいが慰謝料も請求したいとご相談に来られました。

解決:
まず、夫側の不貞行為の回数や不倫をしていた期間の調査からはじまりました。その結果不倫相手との期間が長かったこと、年齢が10歳以上離れていたことから、夫に対して300万円の請求 不倫相手に対して100万円の請求をすることに成功。
さらには、財産分与も含め合計で870万円の請求をすることができました。別居期間が長くなると、婚姻関係が破綻していると見なされ、慰謝料請求の額も下がってしまいますが、今回は比較的早いご決断だったため、協議離婚にて決着をつけることができました。

ケース2 DV夫の不倫で高額の慰謝料請求に成功

相談者:20代女性(子ども1人)

配偶者:40代男性

内容:
普段は紳士的な夫だが、人格が急変し暴力を振るわれることがあった相談者様。離婚を決めた理由は夫の不倫だったそう。妊娠中に身も心もズタズタにされてしまったので、離婚及び相当の慰謝料を請求したいと希望されていました。

解決:
離婚は協議離婚を希望されていましたので、話し合いを続けました。結果、財産分与なども含め総額なんと1200万円の請求に成功!夫側の不倫は以下が高額請求できたポイントとなりました。

・不倫期間が長かった
・不倫相手が夫が既婚者であることを知っていた
・不倫相手が若かった(当時22歳)
・夫婦間に子供がいた
・妻は献身的に夫に尽くしていた
・不倫に対して夫が開き直っていた

また、暴力による精神的ダメージ(うつ病)や外傷などの診断書、証言があったことで、夫側も深く反省し、妻が納得いく金額で和解できました。

ケース3 日記やSNSの記録から浮気が発覚

相談者:30代女性

配偶者:40代男性

内容:
夫のパソコンを使う機会があり、インターネットを開くと怪しい履歴を発見。SNSから夫が浮気をしていることが発覚したそう。離婚と同時にどれくらいの慰謝料が請求できるかとご相談がありました。

解決:
最近浮気の原因が、出会い系サイトやSNSだったというケースが多くみられます。この場合少し厄介なのが、浮気した相手が既婚者であることを知らないことが多いためです。
また、特定の一人と付き合っている場合も少なく不特定多数な場合があるのもこのケース。
今回は、精神的ダメージと不倫が離婚に至った理由として扱ったため、財産分与を含め異例の300万円の請求ができましたが、離婚に至らない場合50〜100万円くらいとなります。

夫婦の共有財産と不倫の証拠をしっかり集めましょう

高額請求できるポイントは不倫による慰謝料請求のみならず、財産分与なども含まれるため、不倫が原因の離婚の場合は、夫婦間の財産もしっかりと把握しておきましょう。また、スムーズな離婚が出来ず調停離婚になった場合は、とにかく証拠がものを言います。優位な立場でいるために証拠集は徹底してくださいね。

  • よくある質問
  • お客様の声
  • 料金プラン
  • 当社の選ばれる理由

慰謝料請求事例ブログ

慰謝料請求お悩み相談コラム

お問い合わせの流れ

お気軽にお問い合わせ下さい
メール問い合わせはこちら
© 2017 慰謝料相談ドットコム All Rights Reserved.