MENU

高額の慰謝料を支払えない!減額に成功した事例

慰謝料相談ドットコム > 慰謝料請求事例ブログ > 高額の慰謝料を支払えない!減額に成功した事例

不倫の慰謝料を払うお金がない!減額に成功した事例を紹介

慰謝料を請求されているが、どうしてもお金がないという場合はどうしたらよいのかというご相談は多いです。自分のしてしまったことですから、相手の要求が正しいものなら、慰謝料を免れることはできません。誠意をもって償うのが筋です。しかし、できるだけ負担を軽くする努力はしてもいいでしょう。減額交渉できる場合もあります。慰謝料を減額できた事例を紹介します。

まとまった現金がないからと、支払い自体を拒否しない

100万円の慰謝料を請求されたが貯金はゼロ。「100万円なんて払えません!」と支払い自体を拒否したくなる気持ちはわかりますが、慰謝料は相手に与えた損害の補填です。これを逃げるのは、借金しておいて踏み倒したり、お店で物を壊して逃げるのと同じです。
今すぐ払えないとしても、収入が微々たるものだったとしても、分割でならいずれ払うことができるでしょう。 支払い自体を拒否するような言動をすると、解決する気がない、誠意がないと受け取られ、相手から裁判を起こされる可能性が出てきます。 裁判になると、裁判費用や弁護士費用がかかり、時間的にも肉体的にも拘束されるので負担はもっと大きくなります。 支払う必要のある慰謝料なら、示談で解決するために、支払い自体は拒否しないようにしてください。
慰謝料が払えない時にできることは次のふたつです。

1 減額を交渉する
2 分割払いにしてもらう

減額できる例

減額できる例は次のような場合です。

・相手にも不法行為をされた
こちらも精神的苦痛を負ったが、それは請求しないので相殺して減額してほしいと要求します。不倫相手の配偶者からつけまわされたり、無言電話などの嫌がらせを受けたなどの場合に、これを主張することができます。

・相手の被害が少なかった
不貞行為をしたことは事実だったとしても、相手の受けた傷が少なかっただろうと言える場合は減額されます。例えば、夫婦仲が良くなかった、請求相手も別の異性と不倫をしていたなどです。夫婦関係が破綻していたのであれば、慰謝料の支払い自体が必要ありません。

・相手の要求額に根拠がなく高額
慰謝料の請求額に上限はありません。どれくらいの苦痛を受けたのかは人によって感じ方も違うでしょう。しかし大体の相場はあります。あまりに常識からかけ離れた請求額の場合は、過去の判例をもとに、妥当な金額まで減額を要求できます。

・現実的に支払うことができない
こちらにお金があるかどうかは、相手に与えた損害とは関係ないので、お金がないことは減額を要求する理由にはなりません。しかし、裁判を起こしたくないのは相手も同じ。回収に時間がかかったり、相手に引っ越しされて逃げられるといったリスクを負うくらいなら、多少の減額は受け入れる可能性があります。お金がない理由や、現在の収入、現実的にいくらなら払えるかということを明らかにして、相手の同意を得られるようにお願いしましょう。

ケース1 失業中で貯金もなく要介護の親がいると泣き落とし

相談者:40代男性

請求相手:浮気相手の夫

相談内容
職場の女性と不倫をしており、それが夫にバレてしまった。慰謝料を60万円請求されているが、不倫が職場で問題になって退職せざるをえなくなり、現在無職で貯金もない。年金暮らしの父親と二人暮らししているが、このタイミングで父親が要介護となってしまった。お金を借りられる親戚も友達もなく、今後生活自体ままならない状態なのに、慰謝料を払うことができない。

解決方法
不貞行為をしていたのは事実で、期間も長く、要求金額は妥当なものと言わざるを得ません。しかし、現実的に支払うことができないため、丁寧に謝罪をしてお願いするしかありませんでした。 相手は「最初からお金がないことは見越して請求しています。これ以上下げる気はありません」と一切妥協しない姿勢でした。 繰り返し謝罪をし、分割払いをお願いしました。アルバイトを始めたので、まずは毎月2万円ずつ払えること、就職したら3万円にすると約束して、ようやく納得してもらいました。最終的には、慰謝料は10万円減額の50万円で決着しました。現在の経済状況では大きな10万円ですので、交渉した価値があったと思います。

ケース2 根拠のない高額請求をしりぞける

相談者:40代女性

請求相手:浮気相手の妻

相談内容
高校時代に交際していた同級生の男性と、同窓会で再会した夜に一夜限りの遊びの関係をもってしまった相談者様。相手の男性が既婚者であることは相談者様も周囲も知っていました。会場のあったホテルの部屋で不貞行為を行なったのですが、このホテルに妻の親戚が働いており、部屋を出る姿を見られていました。すぐに妻に連絡がいき、その日のうちに不貞行為が発覚。 慰謝料を請求されましたが、その金額が100万円。一度きりの行為でこんなに?と納得できないものの、どう対処したらよいか困っていました。

解決方法
相手夫婦は離婚していませんし、金額は相場よりずっと高いと言えます。一度きりの不貞行為の場合、相場としては20〜30万円というところでしょう。 また、相談者様は東京に住んでおり、帰省した北海道で男性と再会したにすぎず、この男性と関係を継続することは物理的にできません。 以上のことから、相場に照らした金額にしてもらうよう要求しました。何度か交渉するうちに、相手方も弁護士に相談したようで、20万円で納得してもらうことができました。

あくまでも仕立てに出て交渉すること

不法行為を行なったのが事実で、相手に損害を与えてしまったのなら、慰謝料の支払い自体は免れられません。減額の交渉は、下手なやり方をすると「払えないのではなく払いたくないだけだろう」「誠意がない。反省していない」ととられかねません。あくまでもお願いですから、仕立てに出て上手に行うようにしましょう。

  • よくある質問
  • お客様の声
  • 料金プラン
  • 当社の選ばれる理由

慰謝料請求事例ブログ

慰謝料請求お悩み相談コラム

お問い合わせの流れ

お気軽にお問い合わせ下さい
メール問い合わせはこちら
© 2017 慰謝料相談ドットコム All Rights Reserved.