MENU

短い婚姻期間でも、高額な慰謝料などを条件に離婚が成立した事例を紹介します。

慰謝料相談ドットコム > 慰謝料請求事例ブログ > 短い婚姻期間でも、高額な慰謝料などを条件に離婚が成立した事例を紹介します。

婚姻期間が短くても、高額な慰謝料や養育費を勝ち取った事例

離婚とは切っても切り離せない慰謝料ですが、婚姻期間が短ければ支払額も少なくなると考えるのが一般的でしょう。 実は、この一般論が当てはまらない、つまり、婚姻期間が短くても高額な慰謝料を勝ち取ることができる場合があります。 本ページでは、こうした事例をとり上げて、高額な慰謝料で決着するパターンを検証します。

慰謝料額を決める要因

家庭裁判所による慰謝料額の決定では、離婚原因が不貞行為や暴力など明白であるかどうか、その頻度や期間、婚姻期間、有責者の資力、双方の年齢・職業・収入などが考慮されます。裁判所判断による慰謝料は、数十万円から300万円程度の範囲に収まります。

ところが、協議離婚では裁判所のような法律理論によって慰謝料額を決定するわけではありません。
夫婦での話し合いのもと、実際に受けた精神的苦痛の大きさや離婚に至るまでのやり取り、夫婦の結婚生活の実態などが大きく反映されます。
高額な慰謝料額にこだわらず、責任のない側が離婚前の住宅を財産分与として受け取るケースも多くみられます。慰謝料額を抑えて養育費や残りの住宅ローンの支払いを優先させる離婚条件も可能です。
また、協議離婚では夫婦の話し合いで妥協点をみつければよいため、財産分与を含んだ慰謝料額として、裁判所判断の相場を大きく上回る金額で決着することもあります。

慰謝料が高額になる条件

慰謝料は、不貞行為や暴力といった不法行為の損害賠償として支払われるお金です。どちらの場合も、同居のまま、または別居状態より、離婚したほうが慰謝料が高くなります。
より多くの慰謝料を獲得したければ、法律理論に制約される裁判所判断ではなく、自由度がきく協議離婚をおすすめします。

裁判所による慰謝料判断基準をもとに、高額になる要因を挙げてみましょう。
・夫と不倫相手の年齢差が大きい
・婚姻期間が長い
・不貞行為発覚前は円満な夫婦生活を送っていた
・不倫相手が、既婚者であることを知っていた
・不貞行為の期間が長く、頻度も多かった
・不倫が明らかである、または証拠があるのに不倫を否認する
・不貞行為の再犯である
・不倫相手との間に子どもがいる
・うつ病と診断されるなど、精神的苦痛が甚大である
・夫婦間に子どもがいる
・慰謝料を請求される側に資力がある

ケース1 入籍後、夫が日常的に暴力をふるうように。婚姻9カ月でも高額慰謝料で決着

相談者:20代女性(子ども一人)
配偶者:30代男性

相談内容
相談者は専業主婦のAさん。
友人の紹介で出会い、男性の温厚で社交的な人柄に惹かれて交際を開始し、Aさんの妊娠をきっかけに入籍。
入籍直後から夫が豹変し、Aさんに対して暴言を吐くようになりました。やがてAさんに暴力をふるうように。
出産後も変わらず暴力が続き、子どもの安全のために離婚届けを残してAさんは子どもを連れて実家に戻りました。

解決方法
暴力をふるう夫に怯えて冷静な判断ができないため、Aさんは離婚調停を申し出ました。
・入籍直後から夫が急に暴力的になり、それが継続されていた
・夫が医師で、高額な年収を得ていた
・生後間もない子どもがいる
以上の点を考慮して、婚姻期間は9カ月ながら慰謝料相場の上限である300万円の慰謝料と養育費・財産分与を勝ち取りました

ケース2 夫の不倫で協議離婚へ。婚姻期間1年でも高額な慰謝料を獲得 

相談者:30代女性(子ども一人)
配偶者:30代男性

相談内容
相談者は産休取得中のBさん。
結婚後ほどなく妊娠し出産。育児に追われるBさんを残して、夫は毎週末ゴルフに出掛けるようになりました。
週末出掛けた夫に電話してもいつも電源が切られていたり、スマホにかかってきた電話を夫がワン切りする姿を見て不安が頂点に。
Bさんが何度も詰問すると、合コンで出会った女性と毎週末会っていたことを白状し、Bさんは離婚を申し出ました。

解決方法
弁護士に相談の上、夫が既婚者であることを黙って女性と付き合い始めた悪質性、不倫相手が20代前半の若い女性だったこと、不倫関係が臨月間近の頃から始まった点、子どもが生まれてまだ2か月足らずであることなどを理由に、400万円という高額な慰謝料と養育費などの支払いを条件として協議離婚が成立しました。

婚姻期間が短くても、不法行為による精神的苦痛は大。妥協しない慰謝料請求を

結婚生活において一番幸せであるはずの時期に不貞行為や暴力が原因で離婚する場合、被る精神的苦痛は計り知れません。生まれたばかりの子どもとの将来にも不安がつきまといます。
婚姻期間が短いからといって諦めずに、不貞行為を立証できる証拠、暴力によるケガの診断書や日時を記したメモなどを揃えて、できる限り高額な慰謝料や養育費等を勝ち取るべきでしょう。

  • よくある質問
  • お客様の声
  • 料金プラン
  • 当社の選ばれる理由

慰謝料請求事例ブログ

慰謝料請求お悩み相談コラム

お問い合わせの流れ

お気軽にお問い合わせ下さい
メール問い合わせはこちら
© 2017 慰謝料相談ドットコム All Rights Reserved.