MENU

示談交渉で離婚。相場より高い慰謝料を獲得できた例を紹介します

慰謝料相談ドットコム > 慰謝料請求事例ブログ > 示談交渉で離婚。相場より高い慰謝料を獲得できた例を紹介します

諦めるのは早い!示談交渉で相場よりも高い慰謝料がとれる例もあります

裁判をせずに示談交渉により相場よりも高い慰謝料を獲得できる例があります。相手に非がある有責離婚の場合は優位に進めやすいですし、請求相手の収入によっても慰謝料は異なります。早い解決を望むあまり相手のいいなりにならないよう、冷静に交渉してみましょう。当事務所にて解決した案件から、相場よりも高い慰謝料を獲得した例をご紹介します。

ケース1 高収入だがギャンブル癖のある夫から、高額な慰謝料を獲得

相談者:40代女性(子ども二人)
配偶者:40代男性

内容:
相談者の女性は、長年夫のギャンブル癖に悩んでいました。家計は夫が握り、生活費は夫のギャンブル優先で毎月金額が変動。一円も渡してもらえないこともあったそう。妻が働くことを禁じた上で収入はすべて夫が握っていました。これは経済DVにあたります。

解決:
妻にお金を渡さないだけで、実はこの男性は年収1,000万円、貯金も3,000万円持っていました。そのため、相場よりも高い慰謝料を獲得することができました。女性は夫の年収も貯金額も知りませんでした。弁護士は収入や資産の開示を請求し、これを明らかにすることができますので、財産を隠すことはできません。ご依頼いただいて正解でした。

ケース2 DVの証拠を揃えて有利にすすめました

相談者:50代女性(子どもなし)
配偶者:50代男性

内容:
相談者様は20年にわたってDVを受けており、大きな怪我を負ったことから離婚に踏み切る決断をされました。激高した夫から暴力を受けることを恐れ、事前にご相談いただいていたので、しっかり証拠を揃えることができました。

解決:
暴言を録音した音声、通院記録をすべて揃えて挑みました。夫側は裁判も想定したようですが、証拠がすべて揃っているのを見て「どうせ裁判しても負ける」と判断したようです。協議だけで無事に離婚成立。慰謝料も相場より多く獲得できました。

ケース3 相手に会わずに交渉できました

相談者:30代女性(子ども一人)
配偶者:30代男性

内容:
妊娠中に夫が浮気、出産後も家庭を顧みないということで相談者様は強いストレスを感じていました。すでに別居もしており顔も見たくない状態。お子様は3ヶ月で連れては出られないとのことでしたので直接会うことなく離婚の成立をご希望でした。

解決:
まず相談者様が郵便にて要求を送りましたが無視されたので、代理人の名で内容証明にて再度連絡しました。結果、話し合いに応じました。あらかじめ郵便で相場よりも高額の慰謝料を要求していたので、相場よりも高い金額にも納得してもらえました。

示談交渉を成功させるポイント

協議離婚で示談交渉する場合、成功させるにはファーストコンタクトでぐうの音も出ないような準備をすることです。
最初の交渉で決裂すると、相手に心の準備ができますし要求を拒否した気持ちはより強固になります。
最初の話し合いでしっかりと証拠を揃えておけば、こちらが本気だと伝わります。また、裁判まで争っても無駄だと思わせることができます。

相手が折れるそぶりを見せたら、その場で書類を作成します。和解合意書、離婚協議書、公正証書などを用意し、署名捺印してもらいます。その場で折れても書類作成を後日にすると、一度決めたことを翻される場合が多いので要注意です。

  • よくある質問
  • お客様の声
  • 料金プラン
  • 当社の選ばれる理由

慰謝料請求事例ブログ

慰謝料請求お悩み相談コラム

お問い合わせの流れ

お気軽にお問い合わせ下さい
メール問い合わせはこちら
© 2017 慰謝料相談ドットコム All Rights Reserved.