MENU

浮気の証拠。メールのやり取りだけでも効力はある?

慰謝料相談ドットコム > 慰謝料請求事例ブログ > 浮気の証拠。メールのやり取りだけでも効力はある?

メールでも証拠能力はある?確実な証拠とは

夫や妻の浮気…不貞行為で精神的に苦痛を与えられた場合、慰謝料を請求することができます。そのときに重要なのが証拠です。
ホテルで密会している写真などがあれば確実ですが、探偵などを雇わなければなかなか難しいでしょう。
最近では携帯のメールやLINEなど、やりとりが残ることがあります。これらメールなどは浮気の証拠として効力を持つのでしょうか?

不貞行為が複数回あったことを証明する必要がある

浮気による慰謝料請求を行う場合、どのようなものが確実な証拠として効力を持つのでしょうか?
不貞行為の証拠として、特に裁判になった場合は、性行為が複数回あったと判断できるものでなければいけません。ホテルに出入りする写真や、性行為の場面そのものの動画や画像です。しかし個人でこれらを集めることは難しく、確実な証拠を手に入れるには探偵などを雇うなど、プロに依頼する必要があるでしょう。

内容によっては物的証拠となることも

浮気などの不貞行為を証明するために必要不可欠な証拠。実はメールや電話だけでは十分なものとは言えないのです。
では、もし確実に浮気をしているとされるメールを発見しても、諦めるしかないのでしょうか。
メールの内容によっては、ホテルであっていたことが分かるもの、性交渉があったことを示唆しているものなど、その内容や頻度によっては有利な証拠として判断される可能性があります。

確実な証拠でなくでも効力がある

絶対的な証拠を手に入れるのは、現実的には難しい場合があるでしょう。でもすぐに諦める必要はありません。
重要なのは、メールだけではないその他の証拠です。外泊の記録やクレジットカードの明細、飲食店やホテルの領収書など…小さな証拠を積み重ねることで、浮気があったと明らかに推測できる場合があります。
特に離婚や慰謝料については、裁判の前に示談交渉で解決に至ることも多いため、これらの証拠を複数準備しておくことで、浮気の事実を認めさせることができます。 メールだけでなく怪しいと感じたら、小さなことでも記録に残しておくことで、和解する際に有利に交渉することができるでしょう。

示談交渉と裁判での違い

パートナーの浮気により離婚や慰謝料を求める場合、すぐに裁判に発展するわけではありません。まずは話し合いによる和解を目指し、それでも解決しなければ、調停や訴訟へと発展します。
裁判や調停では、不貞行為があったとはっきり認められる確固たる証拠が必要となります。これは離婚や慰謝料請求の理由となる不貞行為について、「複数回、性的肉体関係があったこと」と定義されていることにあります。
つまりデートやキスを繰り返し、そこに恋愛感情があったとしても法的な「不貞行為」には該当しないのです。そのため推測や憶測ではなく確固たる証拠が必要となるわけです。

一方で和解成立を目指し話し合いを行う場合は、これらの小さな証拠を積み上げることで、仕手に浮気を認めさせ、請求する側の要求を通すことができるため、確実な証拠がなくとも解決することができるのです。

かかる時間と費用も念頭におきましょう

相手が否定できない確実な証拠を集めるためには、探偵などプロに依頼する選択もあります。またお金をかけず自分で…と考える人もいるかもしれません。
しかしそこにかかる費用や時間を考えた時に、慰謝料はもらったけれど結局あまり残らなかったということになりかねません。
また慰謝料請求には3年という時効があるため、必要以上に時間をかけることは得策とは言えません。
まずは小さな証拠や外泊の記録を残しておき、和解交渉において相手に浮気を認めさせることが、肉体的にも精神的にもダメージの少ない解決法となるでしょう。

  • よくある質問
  • お客様の声
  • 料金プラン
  • 当社の選ばれる理由

慰謝料請求事例ブログ

慰謝料請求お悩み相談コラム

お問い合わせの流れ

お気軽にお問い合わせ下さい
メール問い合わせはこちら
© 2017 慰謝料相談ドットコム All Rights Reserved.