MENU

夫の浮気から高額の慰謝料をとる方法

慰謝料相談ドットコム > 慰謝料請求事例ブログ > 夫の浮気から高額の慰謝料をとる方法

夫の不倫がわかったら。できるだけ多く慰謝料を得るためにすべきこと

夫の浮気は重大な離婚事由になります。証拠が揃っていて、妻が離婚したいのであれば、問題なく離婚できます。ただし、感情的にその場で離婚を突きつけてはいけません。慰謝料を最大限もらってわかれるためのコツがあります。ここでは高額な慰謝料を獲得した事例をご紹介します。

ケース1 二人の浮気相手と夫、全員から慰謝料獲得

相談者:30代女性(子ども2人)

配偶者:40代男性

内容:
夫が浮気していることを感じ、探偵につけさせると、女性とホテルに入っていった。しかも相手は二人いたのでした。相談者様は生理的に嫌悪感を覚え、離婚を決意。わかっただけでも三ヶ月の間に二人の女性と計10回に渡って肉体関係を持っていたが、どのように慰謝料請求すれば高額となるのかという相談でした。

解決:
探偵さんの調査書類を拝見しました。確かに二人の異なる女性とホテルに入る姿が写真に収められていました。二人から同時に慰謝料が取れますか?というご相談でした。答えはYES。
浮気の慰謝料をとるためには、二つの条件が必要です。

1 相手に故意・過失があること
2 浮気相手に権利を侵害されたこと

もしこれが、出会い系サイトで素性を明かさずに知り合った女性とのワンナイトでしたら、慰謝料を請求することはできません。1の「相手の故意・過失」があったとは言えないからです。また、すでに夫婦関係が破綻しており別居している、何年も性交渉がないなどの場合も慰謝料請求が認められないことがあります。この場合は、2の「権利の侵害」にあたらないという判断なのです。
このケースでは、浮気相手は友人と職場の女性。ともに交際相手が既婚者であることは知っていたと思われます。それぞれに証拠を突きつけて200万円の慰謝料を請求。夫には、離婚前提で250万円請求。
減額交渉されましたが、いずれも受け入れず満額の750万円を獲得されました。

ケース2 相手を泳がせて証拠をしっかり集める

相談者:40代女性(子ども2人)

配偶者:40代男性

内容:
夫の鞄に包装されたプレゼントが入っているのを見た相談者。一目で自分のためのものではないとわかったそうです。浮気を確信し、離婚も視野に入れているものの、ここから先どのように行動したら良いか、というご相談でした。

解決:
浮気の証拠集めをお願いしました。
まずは簡単なところでお金の動きをチェック。女性と付き合いたてなら、デートにプレゼント、ホテルとなにかとお金を使うものです。クレジットカードの利用明細を見れば、出費はすぐに把握できます。
最近はペーパーレス化でウェブ明細となっているクレジットカードも多いですが、IDやパスをブラウザに記憶させている人も多いので、意外と簡単に見られることもあります。
次に、ETCの利用履歴。ETCカード番号と車両情報を入力するだけで履歴を検索することができます。
「ホテルに出入りする写真」など肉体関係の有無を決定づける証拠が望ましいですが、これを撮るには本人では難しいので、ホテルのレシートなどを徹底的に探してもらいました。
結果、様々な証拠が集まりました。これを武器に離婚と慰謝料請求を同時に求めました。夫には300万円の慰謝料を請求。相場よりも多いですが、相手女性に請求をしないでほしいと夫から申し出があり、高額の慰謝料で決着がつきました。

夫の不倫で慰謝料をとるなら証拠が何よりも大事

浮気の事実がわかっても、すぐに感情的になって相手を責めず、冷静に証拠を集めましょう。それがなければ「浮気などしていない。証拠があるなら出してみろ」と開き直られる可能性もあります。しっかり証拠を集め、財産を把握してから、離婚の手はずを整えましょう。

  • よくある質問
  • お客様の声
  • 料金プラン
  • 当社の選ばれる理由

慰謝料請求事例ブログ

慰謝料請求お悩み相談コラム

お問い合わせの流れ

お気軽にお問い合わせ下さい
メール問い合わせはこちら
© 2017 慰謝料相談ドットコム All Rights Reserved.