MENU

慰謝料減額と子供との面会を勝ち取るための成功ポイント

慰謝料相談ドットコム > 慰謝料請求事例ブログ > 慰謝料減額と子供との面会を勝ち取るための成功ポイント

慰謝料減額と子供への面会を勝ち取った成功事例

不貞行為など、自身が原因で離婚に至った場合、相手が請求する慰謝料は受け入れなければいけないのでしょうか?
また子供への面会などの面で、不利に働くことはあるのでしょうか?
慰謝料や子供との定期交流など、請求される側だったとしても交渉できることはあります。ここでは慰謝料の減額や子供との面会を獲得できた成功事案をご紹介します。

ケース①相場より高額な慰謝料を請求された

相談者:30代男性

配偶者:妻、子供2人

相談内容
相談者である30代男性は、勤務先の女性と不倫していた事実が妻に発覚。妻から離婚と慰謝料を請求されてしまいました。 不貞行為があったことを認め離婚には同意しましたが、請求された慰謝料が支払いできないほどの高額だったため、途方にくれていました。

解決方法
相談者は自分が原因であることを認めているため、自分が悪いので支払うしかないのではないかと困っていました。例えこちらに非があったとしても、その原因や現在の収入などにより、慰謝料には相場があります。 今回のケースでは過去の判例や慰謝料の相場に合わせ慰謝料を減額、子供への面会についても子育てについては離婚後も協力することを条件とし、定期的な面会交流が可能となりました。 慰謝料の金額は、原因や状況により大きく変わってきますから、専門家に相談することで正当な請求であるか判断することができます。

ケース②:度重なる不貞行為。養育費の支払いを条件に子供との面会が可能に

相談者:40代男性

配偶者:妻、子供2人

相談内容
相談者である男性は30代の頃から浮気を繰り返し、ついに妻から離婚を切り出されました。 妻は不貞行為が一度でないこと、今後妻が子供の親権を持つことからかなり高額な慰謝料を請求してきました。 また、複数の不貞行為が原因であるため、今後子供と合わないことを要求しており、男性は弁護士に相談し調停で争うことになりました。

解決方法
不貞行為が複数回繰り返されていたことから慰謝料の支払いについては、ある程度相談者も納得しているようですが、相場に合わせて減額を要求した話し合いとなりました。 自身が行った不貞行為については素直に謝罪し、妻が納得する養育費を毎月支払うことを取り決めることで、離婚時の慰謝料は減額、子供との定期的な面会も獲得することができました。慰謝料、養育費など各項目でお互いに相殺や妥協点を見つけた事例です。

ケース③:借金で離婚。誠意を見せることで子供と会えることに

相談者:30代男性

配偶者:妻、子供1人

相談内容
相談者男性はギャンブルや趣味への過度な浪費により、多額の借金を抱えていました。生活が破綻すると考えた妻は離婚を決意し、夫に慰謝料を請求。子供の親権とともに面会も拒否するとのことでした。 相談者の現在の収入では慰謝料を支払うことができず、専門家に相談し解決することにしました。

解決方法
相談者は働いていますが、収入があまり高くないこと、借金の返済があることから、高額な慰謝料を一括で支払うことは不可能と思われます。 相談者の支払い能力に応じた相場に照らし合わせ、慰謝料を減額することができました。 支払いについては分割支払いとし、決められた金額を毎月支払うことで合意。 約束を反故することなく誠意を見せて支払いを続けることを条件に、子供への面会も可能となりました。

慰謝料は減額できる場合がある

一般的に慰謝料の相場は、その原因にもよりますが100万~300万程度と言われています。 500万を超えるような高額な慰謝料を請求された場合、相場に合わせて減額できる可能性が高いでしょう。 また以下のような場合は慰謝料を減額できるケースがあります。

●相手側にも要因があった場合
夫婦間の性行為の拒絶や、育児や家事の放棄など、離婚を引き起こした原因がもう一方にもある場合は減額できる可能性があります。

●収入や資産が少ない場合
現実的に支払いが難しい場合、減額や分割払いなどで合意できますが、分割での支払いの場合、誠意をもって履行していくことが大切です。

●誠意を見せ謝罪した場合
不貞行為など、こちらの非を認め誠意をもって謝罪、深く反省することで、相手が慰謝料の減額に応じてくれるケースもあります。

子供の利益を最優先に、誠意をもって対応しましょう

慰謝料の減額や、子供との定期的な交流については、誠意をもって謝罪と反省を示すことが大切です。
特に子供の面会については、こちらに原因がある場合、一切合わせなくないと言われることもあるでしょう。面会交渉が認められる基準は子供の利益、福祉です。子供に悪影響がある場合は面会が制限されます。
親の都合で離婚した場合でも、子供が親に会い愛情を受けることは、子供の人格形成において非常に重要であると言えます。
子供への愛情と、今後の子育てに金銭面で協力するなど誠意を見せることで、定期的な面会が認められる可能性があるでしょう。

  • よくある質問
  • お客様の声
  • 料金プラン
  • 当社の選ばれる理由

慰謝料請求事例ブログ

慰謝料請求お悩み相談コラム

お問い合わせの流れ

お気軽にお問い合わせ下さい
メール問い合わせはこちら
© 2017 慰謝料相談ドットコム All Rights Reserved.